報道発表資料検索


【地方創生推進交付金事業】「平成30年度 中小企業人材マッチング支援事業」の最優秀提案者が決定しました!

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室就業促進課  企業支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6360-9074
メールアドレス:shugyosokushin-g05@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年4月2日

提供時間

14時0分

内容

大阪府では、人材不足に悩む府内の中小企業と府内で安定就職をめざす若者や東京圏を中心としたUIJターン就職希望者を結び付けることを目的に、「平成30年度 中小企業人材マッチング支援事業」を実施します。
 
 このたび、受託事業者を企画提案公募により募集し、以下のとおり最優秀提案者を選定しましたので、お知らせします。
                           

1.事業名
 
 【地方創生推進交付金事業】平成30年度 中小企業人材マッチング支援事業


2.最優秀提案者
  中小企業人材マッチング支援事業共同企業体
  (代表構成員:株式会社学情  構成員:一般財団法人大阪労働協会)
  総合評価点:75点(企画提案部分:57点、価格提案部分:18点、提案金額(税込)30,360,999円)


3.選定結果の概要
(1)提案事業者 全1者
  
中小企業人材マッチング支援事業共同企業体
  (代表構成員:株式会社学情  構成員:一般財団法人大阪労働協会)

(2)最優秀提案事業者の選定理由
  
事業の企画内容、実施体制、実績等から、本事業の効果的な実施が期待できる。提案価格も妥当と判断されることから、これらを総合的に勘案した結果、最優秀提案者としたもの。

(3)選定委員会委員

詫間 篤子氏
(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会関西支部)

中小企業における人材のマッチングやキャリア形成について、働く人へのキャリア教育やキャリアカウンセリング業務を通じて、高度なノウハウや知見を有しており、人材側の視点で事業効果の高さを審査。

()()()

太田 恵太郎氏
(一般社団法人 大阪府中小企業診断協会)

カウンセリング業務を通じて、中小企業等と求職者のマッチングに必要な中小企業等の経営課題や若者の現状、支援方法等に精通しているため、求職者側の視点で事業効果の高さを審査。

浜口 廣久氏
(大阪弁護士会 浜口総合法律事務所)

法律の専門家であり、個人情報保護及び公正性・公平性の観点から審査。


   

関連ホームページ

【地方創生推進交付金事業】「平成30年度中小企業人材マッチング支援事業」の最優秀提案者が決定しました

資料提供ID

30554

ここまで本文です。