報道発表資料検索


「ライフサイエンス事業化推進事業」受託事業者の選定結果について

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6115-8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年3月30日

提供時間

14時0分

内容

「平成30年度 ライフサイエンス事業化推進事業」の運営業務について、公募型プロポーザル方式により提案募集を行った結果、下記のとおり事業者を選定しましたのでお知らせします。


1 業務名
  
     平成30年度 ライフサイエンス事業化推進事業

2 最優秀提案事業者
  
独立行政法人日本貿易振興機構 大阪本部
  評価点76点(うち企画提案部分56.1点、価格提案部分19.9点、提案金額9,246,000円)
  ※提案事業者が2者のため、次点者の評価点及び提案金額は公表しません。

3 選定結果の概要
(1)提案事業者 全2者(受付順)
  
1 独立行政法人日本貿易振興機構 大阪本部
    2 日本コンベンションサービス株式会社
(2)最優秀提案事業者の選定理由
  
提案者は府内ライフサイエンス中小・ベンチャー企業等のグローバルなビジネス展開の支援を達成し得る海外ネットワークを有するとともに、豊富な事業実績もあり、本事業の効果的な実施が期待できる。提案価格も妥当と判断されることから、これらを総合的に勘案した結果、最優秀提案事業者としたもの。

(3)選定委員会委員(五十音順)

所属・役職

委員名

選任理由

日本公認会計士協会近畿会

坂口 建太

会計の専門家として応募者の組織の会計・経営について公平・公正に審査いただくため。

理化学研究所生命システム研究センター連携促進コディネーター

別所 誠一

ライフサイエンス分野の現状、課題などについての豊富な知見に基づき、提案の実現性、実効性について審査いただくため。

大阪大学共創機構 
産学共創本部テクノロジー・トランスファー部門部門長

正城 敏博

産学官連携、技術シーズの実用化についての経験を活かし、提案の実現性、実効性について審査いただくため。

関連ホームページ

ライフサイエンス事業化推進事業

資料提供ID

30553

ここまで本文です。