報道発表資料検索


「長寿企業と考える、経営におけるターニングポイント」シンポジウムを開催します!

代表連絡先 商工労働部  中小企業支援室ものづくり支援課  販路開拓支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6748-1066
メールアドレス:hanrokaitaku@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年3月16日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では日刊工業新聞社、大阪シティ信用金庫と連携して「長寿企業と考える、経営におけるターニングポイント」シンポジウムを開催します。

 企業が継続的に活動するうえで、経営のターニングポイントに立つことがあります。
 このシンポジウムでは、そのとき、どのような選択のもと今日まで事業をつむいできたのか、さらに“IoT”“見える化”“人材育成”など、これからを生き抜くための取組・考え方について、大阪の長寿企業経営者に語っていただきます。
 経営のノウハウやヒントをつかむ絶好の機会です。ぜひご参加ください!


1.日時 平成30年4月18日(水曜日)
      シンポジウム 午後2時から午後5時5分まで
       交流会 午後5時10分から午後6時10分まで

2.場所 関西大学梅田キャンパス 8階 KANDAI MeRISEホール    
      (大阪市北区鶴野町1番5号)

3.プログラム
<シンポジウム>(午後2時から午後5時5分)
 第1部
  ・基調講演
   「長寿企業の実例に学ぶ 事業継続の秘訣とは」
   100年経営の会会長、元経済産業事務次官  北畑 隆生 氏
   
 第2部
  ・大阪の長寿企業3社による自社紹介とトークセッション
   イカリ工業株式会社(明治33年創業)
   株式会社木幡計器製作所(明治42年創業)
   株式会社東洋金属熱錬工業所(明治42年創業)
  ※ファシリテーター:日刊工業新聞社大阪支社編集局長 赤穂 啓子 氏

<交流会>(午後5時10分から午後6時10分)

4.参加費 無料(交流会に参加の場合、おひとり1,500円)

5.定員 100名

6.主催 日刊工業新聞社、大阪府、大阪シティ信用金庫

7.協力 MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)

8.後援 関西大学

9.申込 シンポジウム詳細ページからお申し込みください。(事前申込制)   
      ※定員に達し次第、募集を締め切ります。

関連ホームページ

シンポジウム詳細ページ

資料提供ID

30352

ここまで本文です。