報道発表資料検索


平成29年度「近畿地方DMATブロック訓練」の実施について

近畿各府県から500名以上のDMAT(災害派遣医療チーム)が参加します

代表連絡先 健康医療部  保健医療室医療対策課  救急・災害医療グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-9168
メールアドレス:iryotaisaku-g02@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年2月8日

提供時間

14時0分

内容

 近畿2府4県で毎年実施している近畿地方DMATブロック訓練について、本年度は大阪府内を被災地として、上町断層帯地震(内陸直下型地震)を想定した実動及び机上による医療活動訓練を実施します。この訓練では、災害時の医療活動における組織体制の機能と実効性に関する検証を行い、防災関係機関との相互協力の円滑化を図ることを目的としています。
 なお、今回の訓練では、関西国際空港にSCU(航空搬送拠点臨時医療施設)を設置し、航空機や小型船舶による域外への患者搬送訓練等を実施します。

1 訓練日時
  平成30年2月17日(土曜日)午前7時から午後4時まで(予定)
      ※当日の天候等により、訓練を中止する可能性があります。

2 被災想定
  平成30年2月16日(金曜日)午後11時に、大阪府北部を震源地とするマグニチュード7.5、最大震度7の地震が発生し、大阪市内を中心に多くの死傷者が発生するなど、府内が甚大な被害を受けると想定。

3 主な訓練場所及び訓練内容
(1)SCU(航空搬送拠点臨時医療施設)の設置・運営等
 ア 関西国際空港(関空消防本所格納庫)(田尻町)
   ・SCUの設置・運営訓練
   ・自衛隊ヘリ・海上保安庁ヘリ・大阪市消防ヘリ・民間小型船舶等による地域医療搬送訓練
 イ 八尾SCU(大阪府中部広域防災拠点内)(八尾市)
   ・SCUの設置・運営訓練
   ・ドクターヘリ・DMATカー等による地域医療搬送訓練

(2)大阪府保健医療調整本部(仮称)(大阪府新別館北館2階危機管理センター)の設置・運営及びDMAT活動拠点本部(府内4か所の災害拠点病院)との連携等

(3)府内災害拠点病院等における訓練
 ア 多数傷病者受入れ訓練
 イ 患者の地域医療搬送訓練
 ウ 災害拠点病院及び参集DMATにおける病院支援と受援机上演習訓練

(4)府内保健所における医療機関の災害状況等の情報伝達訓練(広域災害救急医療情報システム(EMIS)入力訓練)

4 その他
 ○本訓練は、航空機の離発着及び救急車両等の出入りなどの実動訓練を伴うため、
     安全管理上、関係者以外の見学はできません。

添付資料

平成29年度「近畿地方DMATブロック訓練」大阪府訓練計画 (Pdfファイル、267KB)

資料提供ID

30003

ここまで本文です。