報道発表資料検索


国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)地域フォーラムin大阪の開催について

代表連絡先 環境農林水産部  みどり推進室みどり企画課  総務・自然環境グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9557
メールアドレス:midorikikaku@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年2月1日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、「国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)」、環境省、大阪市とともに、2月25日(日曜日)に大阪市立自然史博物館ネイチャーホール(大阪市)において、「み〜んなつながってんねんでぇ!まちの暮らしも生き物も〜国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)地域フォーラムin大阪〜」を開催します。
 本フォーラムでは、生物多様性に配慮した消費や産業活動、自然とふれあうライフスタイル、自然あふれる都市空間・地域づくりに向け、大都市大阪において行われている多様な主体の取組を報告し、連携・協働をテーマとしたパネルディスカッションを行います。


  1 日時    平成30年2月25日(日曜日)13時00分から16時30分(開場12時00分)
           ※12時00分からパネル展示があります。
    2 会場   大阪市立自然史博物館ネイチャーホール
                    (大阪市東住吉区長居公園1−23)
    3 主催   国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省、大阪府、大阪市
    4 定員   100名程度
   5 参加費  無料

   6  内容(予定)
      (1)開会挨拶
           ・環境省 近畿地方環境事務所
           ・大阪府
      (2)UNDB-Jの取組
            環境省 自然環境局 自然環境計画課 生物多様性主流化室
      (3)講演
            「連携・協働から広がる自然を活かしたまちづくり」
      三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員 西田貴明 氏
   (4)大阪における生物多様性の取組について(事例発表)
       ・天王寺動物園 動物園担当係長 市川 晴子 氏
         ・公益社団法人大阪自然環境保全協会 事務局長 岡 秀郎 氏
         ・南海電気鉄道株式会社 CSR推進室環境推進部長 鎌田 昭 氏
         ・大阪市 環境局環境施策部 環境施策課長 岡本 充史 氏
         ・大阪府 環境農林水産部 みどり推進室みどり企画課 自然環境総括主査 高峰 光一 氏
     (5)パネルディスカッション
            「都市でつながりひろげる生物多様性(仮)」
               コーディネーター
                  大阪市立自然史博物館 学芸課長代理 佐久間 大輔 氏
               パネリスト
                 ・事例発表者5団体
                 ・三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員 西田貴明 氏
                 ・環境省 近畿地方環境事務所
     (6)閉会挨拶
              環境省 自然環境局 自然環境計画課 生物多様性主流化室

7 参加申込方法
        下記ウェブサイトより平成30年2月22日(木曜日)までに申し込みください。
        み〜んなつながってんねんでぇ!まちの暮らしも生き物も
    〜国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)地域フォーラムin大阪〜

        参加受付:http://undb.jp/event/4300/

   ※先着順で受け付けます。定員になり次第、受付を終了しますので、ご注意ください。

    定員に満たない場合は、当日受付も行います。

 8 問い合わせ・取材申込先

    国連生物多様性の10年日本委員会事務局(島田・伊藤宛)

電話:03-5468-8405  メールアドレス:info@undb.jp


【参考】「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)
        2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。
   生物多様性条約第10回締約国会議「COP10」(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、
      新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクタ
      ーが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。
         これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促
      進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組を推進するため、「国連生物
      多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が2011年9月に設立されました。

関連ホームページ

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)

 

参加受付

添付資料

ちらし (Pdfファイル、235KB)

資料提供ID

29953

ここまで本文です。