報道発表資料検索


地場農産物の利用拡大に向けた農業者と食品事業者の交流会を開催します

生産者と食品事業者の情報交換から新しい取組みが始まるかも!?

代表連絡先 環境農林水産部  流通対策室  大阪産ブランド推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9605
メールアドレス:ryutsutaisaku-g05@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年2月5日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、農林水産業の6次産業化を進めるため、自らの生産物や加工品等の販路開拓を望む農林漁業者と食品事業者とのマッチング機会の創出に努めています。

 

 このたび、大阪府南部で野菜や果物等を生産する農業者や団体と、地場農産物等の活用を考える飲食業や加工業等の食品事業者が、20人程度のグループに分かれ、それぞれが持つニーズやシーズについて意見交換を行ったり、商談を行う交流会を以下のとおり開催します。
 こうした交流会は、農業者と食品事業者がお互いの考え方を知る機会となり、新たな連携を生み、イベント開催や商品化、販路拡大、ブランド化といった取組みにつながっています。今回の交流会から、また新たな取組みが始まるかもしれません。

 ※当日は、あらかじめ応募いただいた方以外は御参加できません。ご了承ください。なお、交流会の様子は後日、「大阪産(もん)フェイスブック」にて掲載しますので、是非ご覧ください。

   

 

 1 催事名
    南河内及び泉州地域の農業者と食品事業者の交流会

 

 2 開催日時
    平成30年2月7日(水曜日) 13時30分から16時まで

 

 3 開催場所
    河内長野市立文化会館 B1階 ギャラリー (住所:河内長野市西代町12-46)

 

 4 参加者
    南河内及び泉州地域の農業者等(25名)、地場農産物の活用等を考える食品事業者(57社)

 

 5 内容
 【第一部】農業者と食品事業者との情報交換会 (13時30分から15時10分まで)
 (農業者と食品事業者が、20名程度の4つのグループに分かれて、進行役のもと、お互いのニーズや意見の交換を行い、情報共有や課題の抽出を行う。)

 【第二部】フリー商談会 (15時15分から16時まで)
 (農業者が持ち込んだ農産物や加工品を展示し、自由に意見交換や商談を行う。)

 

 6 共催
    大阪府(南河内農と緑の総合事務所、泉州農と緑の総合事務所、流通対策室)、富田林商工会、河内長野市商工会、松原商工会議所、羽曳野市商工会、藤井寺市商工会、大阪狭山市商工会、柏原市商工会

 

 7 協力
    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

 

 8 問合せ先
    南河内農と緑の総合事務所(農の普及課) 電話番号:0721-25-1131
    泉州農と緑の総合事務所(農の普及課) 電話番号:072-439-3601

関連ホームページ

会場(河内長野市立文化会館)までのアクセス

 

大阪産(もん)フェイスブック

資料提供ID

29929

ここまで本文です。