報道発表資料検索


「大阪・光の饗宴2017」の来場者数及び経済波及効果等を発表します

代表連絡先 府民文化部  都市魅力創造局魅力づくり推進課  魅力推進・ミュージアムグループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9304
メールアドレス:toshimiryoku-g05@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年1月30日

提供時間

14時0分

内容

 大阪・光の饗宴実行委員会において、平成29年11月12日(日曜日)から平成29年12月31日(日曜日)まで実施した「大阪・光の饗宴2017」の来場者数及び経済波及効果等をとりまとめましたので発表します。
 期間中は多くの方にご来場いただき誠にありがとうございました。
 
1 大阪・光の饗宴2017来場者数  約1,367万人(平成28年度は約1,293万人)

 (平成29年11月12日(日曜日)から平成29年12月31日(日曜日)までのコアプログラム及びエリアプログラムへの来場者の延べ人数)
  内訳は次のとおりです。
 

(1)コアプログラム来場者数

 ・御堂筋イルミネーション2017
  約493万人(平成28年度は約460万人)

 ・OSAKA光のルネサンス2017
  約273万人(平成28年度は約226万人)
 
(2)エリアプログラム来場者数
  全体合計数  約602万人(平成28年度は約607万人)
  大阪府内各所で開催された、19団体23の光のプログラムへの来場者数
  ※23の光のプログラムの開催期間のうち、平成29年11月12日(日曜日)から平成29年12月31日(日曜日)までにおける来場者数を合計したものです。
 
2 大阪・光の饗宴2017 経済波及効果  約673億円(平成28年度は約665億円) 

 (平成29年11月12日(日曜日)から平成29年12月31日(日曜日)までの、コアプログラム及びエリアプログラムを対象に、大阪府産業連関表(※)をもとに算出した経済波及効果(民間のシンクタンクに委託し算出))
※大阪府産業連関表とは、大阪府経済を構成する各産業が、域内・域外の産業と相互に関連しながら生産した財・サービスの相互関係を、商品×商品のマトリックス形式で表したものです。
 
3 その他 

 大阪・光の饗宴2017の期間中、各プログラムの来場者を対象に実施したアンケート調査について結果をとりまとめました。
  各プログラムに対して、89%の方が「良かった」と回答されました。(平成28年度は82%)
  添付資料「アンケート結果」をご覧ください。
  
 
(参考)大阪・光の饗宴2017開催概要

1 コアプログラム

(1)御堂筋イルミネーション2017
  ・開催期間 平成29年11月12日(日曜日)から平成29年12月31日(日曜日)まで
  ・開催場所 御堂筋(阪神前交差点から難波西口交差点)
 

(2)OSAKA光のルネサンス2017
  ・開催期間 平成29年12月14日(木曜日)から平成29年12月25日(月曜日)まで
          プレビュー点灯 平成29年11月12日(日曜日)から平成29年12月13日(水曜日)まで
  ・開催場所 大阪市役所周辺から中之島公園
          
2 エリアプログラム(各団体が主催された光のプログラム)

 添付資料「エリアプログラム詳細」をご覧ください。

関連ホームページ

「大阪・光の饗宴」公式ホームページ

添付資料

アンケート結果 (Pdfファイル、347KB)

 

アンケート結果 (Excelファイル、43KB)

 

エリアプログラム詳細 (Wordファイル、22KB)

 

エリアプログラム詳細 (Pdfファイル、144KB)

資料提供ID

29777

ここまで本文です。