報道発表資料検索


第8回大阪マラソンのポスター等に使用するメインビジュアルが決定しました

代表連絡先 府民文化部  文化・スポーツ室スポーツ振興課  スポーツ振興グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9317
メールアドレス:sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年12月25日

提供時間

14時0分

内容

 大阪マラソンは、走る人(3万2千人のランナー)はもちろんのこと、観る人(130万人の沿道声援)、支える人(1万人のボランティア)が一体となって行う一大スポーツイベントです。より多くの方に親しみ、ともに育てていただくことにより、スポーツが文化となることをめざしています。

 このたび、平成30年11月25日(日曜日)に開催される「第8回大阪マラソン」のポスター等に使用するメインビジュアル(作品の中心となるイメージ画像)の一般公募を昨年に引き続き実施し、審査を行った結果、次のとおり最優秀作品1点、優秀作品3点を決定しました。

 最優秀作品は、今後、当局で補作のうえ、完成版とし、ランナー募集ポスター等の大阪マラソンの制作物に使用します。また、優秀作品は、大阪マラソンEXPO会場での展示を予定しています。
 
1.応募作品数

 45作品

2.審査について

  「第8回大阪マラソンのポスター等に使用するためのメインビジュアル選定審査会」を開催し、外部有識者からなる審査員3名により選定審査を行った。

日時:平成29年12月5日(火曜日)午後1時30分から午後3時まで

場所:大阪府咲洲庁舎38階会議室

審査員:清水柾行(大阪芸術大学客員教授、グラフィックデザイナー)※審査員長
     上田バロン(FR/LAME MONGER代表、イラストレーター)
     カズ・オオモリ(奈良芸術短期大学准教授)

  
3.受賞作品

○最優秀作品(1点)

  小島貞彦

○優秀作品(3点)

  タカハシ砂土流(審査員の講評(1))

  idogaeru(イドガエル)(審査員の講評(2))

  瀬藤菜月(審査員の講評(3))


4.審査員の講評

【最優秀作品】

 昨年採用された走る群衆の作品が多い中、審査員全員がこの作品を見た瞬間、ビジュアルの力に引きつけられた。また、大阪を語るキャラクターのような不思議なメッセージ力を持っている。

 【優秀作品】

(1)ひとり黙々と走るランナーの力強さを表現していた。

(2)一目で大阪マラソンを伝えるわかりやすいビジュアルである。

(3)活き活きと街を縦横無尽に走る姿を楽しく表現していた。

【その他(審査に当たって)】

・海外からの来阪者が大阪マラソンのポスターを見て、インパクト+これからの大阪の新しい自由さが感じられるか、という視点で選定を行った。

・大阪の元気なエネルギー、大都市ではあるが東京とは違う、大阪のパワーが本募集を通じて伝われば、と考えている。

関連ホームページ

大会ホームページ

添付資料

受賞作品一覧 (Pdfファイル、1379KB)

 

メインビジュアル決定 (Wordファイル、283KB)

 

メインビジュアル決定 (Pdfファイル、118KB)

資料提供ID

29564

ここまで本文です。