報道発表資料検索


「大阪府介護・福祉人材確保戦略」を策定しました

代表連絡先 福祉部  福祉総務課  企画グループ
ダイヤルイン番号:06‐6944‐6687
メールアドレス:fukushisomu@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年11月21日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、大阪府社会福祉審議会に、新たな福祉課題検討専門分科会 介護・福祉人材確保等検討専門部会を設置し、介護・福祉人材の確保に関する審議を行ってきました。

 この度、部会報告書が「大阪府介護・福祉人材確保戦略」として取りまとめられましたので、お知らせします。

 戦略の全文については、関連ホームページからご覧いただけます。

  

【戦略に盛り込まれた主な取組み】

1.介護・福祉人材の参入促進

 ○若者等の新規参入促進

  特に若者に向けて話題性のあるイメージアップ広報として、「介護イメージアップ戦略」を展開

 ○高齢者、障がい者等の新規参入促進

  介護未経験者に対する入門的な研修を実施し、業務の切り分けによる介護職員の負担軽減と、いわゆる『介護助手』の育成による人材の確保を検討

 ○外国人介護人材の受入れ 在留資格「介護」の創設対応策の検討

  全国初の「在留資格「介護」による外国人留学生受入れガイドライン(仮称)」を作成

  関係機関等からなる「大阪府介護留学生受入適性化推進協議会(仮称)」を設立し、情報をで共有できる仕組みづくりを検討

         

2.労働環境・処遇の改善(離職防止、定着促進)

 ○福祉機器、介護ロボットの導入促進

  腰痛問題の解消とともに、業務の効率化など職場環境の改善を図るため、現場に介護ロボット等を導入する際の助成措置等を講ずることを検討

 ○表彰制度の検討

  優れた取組みを実践している事業者を表彰する制度を創設し、表彰事業者の取組みを周知

 

3.介護・福祉人材の資質の向上

 ○職員の資質向上・職場定着支援に向けた取組みの見直し

  小規模事業所で働く職員の資質向上・職場定着支援に当たっては、地域性を踏まえた内容に見直し

関連ホームページ

大阪府社会福祉審議会介護・福祉人材確保等検討専門部会

添付資料

大阪府介護・福祉人材確保戦略 (Pdfファイル、387KB)

 

大阪府介護・福祉人材確保戦略 概要 (Pdfファイル、155KB)

 

大阪府介護・福祉人材確保戦略 全体イメージ (Pdfファイル、484KB)

 

大阪府介護・福祉人材確保戦略 参考資料 (Pdfファイル、1937KB)

資料提供ID

29326

ここまで本文です。