報道発表資料検索


大阪府消費者保護条例に基づく勧告に従わなかった事業者の公表について

代表連絡先 府民文化部  消費生活センター  事業グループ
ダイヤルイン番号:06-6612-7500
メールアドレス:shohiseikatsu-center@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年11月15日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、大阪府消費者保護条例(以下、「条例」という。)第17条に規定する不当な取引行為を行っていた事業者に対し、条例第20条の規定に基づき平成29年9月6日付けで、是正のために必要な措置を執ることを勧告しました。しかし、当該事業者が勧告に従わず、引き続き不当な取引行為を行っていたと認められることから、条例第29条第1項の規定により、下記のとおり事業者名等を公表します。

 

1 事業者の名称

  株式会社海翔 (代表取締役 齋藤 久敏)

 ※ その他の屋号 Rusty Perican、ocean factrory 心co.

 

2 事業者の所在地

  大阪市大正区泉尾六丁目101番地

 ※ その他の所在地 大阪市大正区三軒家西二丁目1番22号

 

3 主な事業内容

  スキューバダイビングスクール

 

4 勧告に従わず行われた不当な取引行為

 株式会社海翔(以下、「事業者」という。)は、条例第17条に規定する不当な取引行為を行っているとして、是正のために必要な措置を執ることを勧告された次の2つの行為について、事業者が勧告を受け取った平成29年9月7日以降に締結された契約において、なお同様の不当な取引行為を行っていることが確認されました。

 

(1) ローン等虚偽記載教唆 (条例第17条に基づく施行規則第5条別表第2項ヌ)

 事業者は、消費者とのスキューバダイビングスクールの役務提供契約に際し、消費者をカードローンの契約窓口まで車で誘導し、当該カードローン契約に際し、消費者の収入を実際より高く申告させるとともに、当該借入金の使途を偽るように示唆して金銭を借入させ、その借入金による支払いをもって役務提供契約を締結した。

 

(2) 事業者名等不実告知 (条例第17条に基づく施行規則第5条別表第1項ヘ)

 事業者は、消費者とのスキューバダイビングスクールの役務提供契約に際し、その契約書類において、契約を行った店舗と異なる名称、住所及び不通状態の電話番号を「お客様にお申込みいただく会社」あるいは「クーリングオフに関するお問い合わせ・ご通知」先として記載し、事業者の名称、住所等を明らかにしなかった。

関連ホームページ

大阪府消費者保護条例及び同条例施行規則

 

大阪府が行政処分、情報提供又は公表を行った事業者の一覧

資料提供ID

29189

ここまで本文です。