報道発表資料検索


「大阪府消費生活センターにおける消費者問題解決支援及び被害防止に関する業務」企画提案公募に係る最優秀提案事業者の選定結果について

代表連絡先 府民文化部  消費生活センター  事業グループ
ダイヤルイン番号:06-6612-7500
メールアドレス:shohiseikatsu-center@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年11月10日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、「大阪府消費生活センターにおける消費者問題解決支援及び被害防止に関する業務」について、公募型プロポーザル方式により提案募集を行った結果、以下のとおり最優秀提案事業者を選定しましたので、お知らせします。

1 最優秀提案事業者(委託先候補者)
  公益財団法人関西消費者協会
  (評価点79.99点(100点満点中)(うち価格点9.99点、応募金額171,231,840円))

2 選定結果の概要

(1)提案事業者名称(申込順)
 ・公益社団法人全国消費生活相談員協会
 ・公益財団法人関西消費者協会

(2)提案事業者の評価点
 応募者が2者であったため、次点者の得点は公表しません。

(3)最優秀提案事業者の選定理由
 2事業者とも仕様書で要求している提案内容を網羅しており、甲乙付け難い優れた提案であった。相談対応困難者への対応や技術相談・商品テストに関する取組についてやや弱みが感じられるものの、消費生活相談等に関する業務の専門性や組織運営の安定性、提案の具体性など、今後の本業務のより効果的・効率的な運営が期待できると考えられ、総合的に判断した結果、最優秀提案事業者としたもの。

(4)企画提案公募事業者選定委員会委員(50音順、敬称略)

池田辰夫(大阪大学名誉教授)
・消費者行政に関する専門的知識を有する学識経験者の視点から審査

白崎識隆(シリウス法律事務所弁護士)
・法律の専門家として、手続き等の公正性・公平性を高めるとともに、消費者問題に関する法律の理解と消費者保護の観点から審査

鈴木基代(独立行政法人国民生活センター相談情報部長)
・中核的消費生活センター機能に関して、地方消費者行政の実情に精通した者の視点から審査

関連ホームページ

「大阪府消費生活センターにおける消費者問題解決支援及び被害防止に関する業務」に係る企画提案公募

資料提供ID

29156

ここまで本文です。