報道発表資料検索


東京2020応援プログラム「オリンピアン・パラリンピアン派遣事業」第3弾を実施します!

スポーツで未来へつなごう、夢の輪を

代表連絡先 府民文化部  文化・スポーツ室スポーツ振興課  スポーツ振興グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9308
メールアドレス:sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年11月20日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では本年度から新たに、小学生を対象とした「オリンピアン・パラリンピアン派遣事業」を実施しています。

 このたび、その第3弾として、バレーボールでアトランタオリンピック(1996年)に出場された坂本清美さんにご協力いただき、以下のとおり実施しますので、お知らせします。

 当日は、坂本さんから4年生約80名にスパイクやサーブなどのデモンストレーションや実技指導をしていただくとともに、オリンピックでの体験談などをお話しいただきます。

 また、実技では、バレーボールだけでなく、大阪府障がい者スポーツ協会にご協力いただき、パラリンピック競技種目であるシッティングバレーボールも行います。

 なお、当日は取材関係者のみに公開します。 

 

1 講師

   坂本 清美(さかもと きよみ)さん (バレーボール)

     アトランタオリンピック(1996年)出場

 

2 日時・場所等

   平成29年11月22日(水曜日) 9時40分から11時30分まで(予定)

   箕面市立とどろみの森学園(箕面市森町中1-23-14) 4年生

  

※第1弾は、シンクロナイズドスイミングと競泳を実施し、第2弾はバドミントンを実施しました。今後も、他の種目のオリンピアン・パラリンピアンにご協力いただく予定としています。

 

(参考)

(1)本事業は、オリンピアン・パラリンピアンとの直接的な触れ合いを通じて、スポーツの持つ素晴らしさや感動を伝えるとともに、オリンピック憲章やスポーツマンシップについての「オリンピック・パラリンピック教育」を推進し、2020年の東京大会に向けた機運醸成の取り組みとの相乗効果を図るものです。

(2)「東京2020応援プログラム」は、様々な組織・団体が、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の認証を得て、スポーツをはじめ幅広い分野の事業やイベントを通じて、大会の盛り上げに向けたオリンピック・パラリンピックの機運醸成と、大会後のレガシー創出に向けて取り組むものです。

(3)シッティング(座ったままで、または座ることの意)バレーボールは、床に臀部(でんぶ)の一部が常に接触したまま行うバレーボールで、サーブ、ブロック、アタックなどで立ち上がったり、飛び跳ねたりすると反則になってしまいます。

関連ホームページ

東京2020参画プログラム公式ホームページ

添付資料

●開催概要 (Wordファイル、306KB)

 

●開催概要 (Pdfファイル、175KB)

資料提供ID

29136

ここまで本文です。