報道発表資料検索


南海本線の交通途絶による臨時通学バスの運行について

代表連絡先 教育庁  教育振興室高等学校課  学事グル−プ
ダイヤルイン番号:06-6944-6887
メールアドレス:kotogakko-g01@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年10月26日

提供時間

18時30分

内容

南海本線の樽井駅と尾崎駅間の交通途絶により、この区間を経由して通学している府内の高等学校等に通う生徒が、学校の始業時間に間に合わないとの影響が出ていることを受け、教育庁として、生徒の通学手段を確保するため、当面の間、平日の朝に臨時通学バスを運行することとしましたのでお知らせします。

1 通学バスの運行経路及び時刻(予定)
   北行き 箱作駅付近  (6時30分発) → 泉佐野駅付近(7時20分着)
   南行き 泉佐野駅付近(7時40分発) → 府立岬高校  (8時10分着)

2 運行開始に向けてのスケジュール
   10月26日(木曜日) 府内の公立高校、私立高校等の臨時通学バス利用希望者数を集約
     27日(金曜日) 利用者に通学バス乗車証を配布
     30日(月曜日) 臨時通学バス運行開始(当面1週間)
※以後、南海本線の復旧状況、復旧後の運行状況を確認しながら、運行期間の延長、バスの運行台数を決定する。


<参考>これまでの経過・状況
   23日(月曜日)休校          府立高校25校  府立支援学校9校
             始業時間繰り下げ 府立高校36校
   24日(火曜日)休校                    府立高校 1校(岬高校)
                 始業時間繰り下げ 府立高校 3校(佐野高校・佐野工科高校・りんくう翔南高校)
  25日(水曜日)全校で通常通りの授業開始
                        始業時間に間に合わなかった生徒数は、周辺の府立高校で約900名
           また、私立高校等2校において約80名の生徒が始業時間に間に合わなかったことが判明。

資料提供ID

29081

ここまで本文です。