報道発表資料検索


地球温暖化への「適応」啓発イベントを行います!

知ろう!学ぼう!やってみよう!

代表連絡先 環境農林水産部  エネルギー政策課  温暖化対策グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9553
メールアドレス:eneseisaku-03@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年11月7日

提供時間

14時0分

内容

温暖化への「適応」ってなんだろう?!
 

地球温暖化の影響は、日常生活・自然災害などさまざまな分野で現れると予想されています。
その被害を回避し、又は和らげ、もしくは有益な機会として活かしていこうという考え方が温暖化への「適応」です。

 
大阪府では、温暖化「適応」推進事業の一環として、環境NPO等と協働して地球温暖化への「適応」に関する啓発イベントを行います。
今回は、全4回のイベントのうち、第4回についてお知らせします。
(第1回から第3回の実施結果については関連ホームページをご覧ください。)

 
今回のイベントでは、ゲームや工作などにより温暖化による日常生活等への影響やその「適応」の方法をお伝えします。
皆さまお誘いあわせのうえ、ご参加ください。 

    

○第4回 温暖化「適応」啓発イベント 「おんだんか てきおう」ものしり博士になろう!

■日時  平成29年11月23日(木曜日・祝日) 11時00分から15時00分まで

■場所  大阪市立東住吉区民ホール(大阪市東住吉区東田辺一丁目13番4号 東住吉区役所3階)
       地下鉄谷町線「駒川中野駅」から徒歩7分、JR阪和線「南田辺駅」から徒歩10分、近鉄南大阪線「針中野駅」から徒歩15分

■参加費  無料

■内容  
 ○パネル展示
  夜の地球や日本の様子を撮影した衛星画像による地図、水害ハザードマップなど

 ○DVD上映
  「地球温暖化の目撃者 岩合光昭スペシャル ダイジェスト版」 
   写真家岩合光昭さんが、世界や日本の自然を取材し、生きものたちの変化を見つめた映像。
   地球のあちこちで、自然に変化が起こっている様子がわかります。

 ○体験コーナー
  ・もてるかな?エネルギーのかばん
   地球温暖化と密接に関係するエネルギー消費量を重さに例えて体感し、エネルギーについて学ぼう!
  ・エコロモならべ
   「エコ」な「コロモ(衣)」の着方って?
   衣類の調整で体感温度を調節することにより、冷暖房に頼りすぎず、冬の寒さ、夏の暑さをしのぐ工夫を学ぼう!
  ・暖冷(だんれい)たべものゲーム
   暮らしの中で感じる気温の変化を、冷暖房を使って調整するだけではなく、体の中から調整することを学ぼう!
  ・くるび館長のおもしろワークショップ「虫や鳥のうごくはねを作ろう」
   非営利団体昆虫科学教育館 久留飛館長によるお話と工作で、地球温暖化の生態系への影響と適応について学ぼう!

 ○展示
  ・ 災害への備え (例:折りたたみ給水タンク、レトルト食品、ラップ小銭、水の要らないシャンプーなど)
  ・ 災害時お役立ちグッズ (例:懐中電灯を利用したランタン、缶詰を利用した明かり、新聞紙を利用したスリッパなど)

 
■主催  大阪府

 
■企画・運営  特定非営利活動法人 イー・ビーイング

 
■協力  大阪市、全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)、大阪府地球温暖化防止活動推進センター、なにわエコ会議、非営利団体昆虫科学教育館、NPO法人エコサイクルネットワーク

関連ホームページ

温暖化「適応」推進事業について

 

環境NPO等と協働した地域での「適応」に関する啓発活動

添付資料

【「おんだんか てきおう」ものしり博士になろう!】チラシ (Pdfファイル、820KB)

資料提供ID

29075

ここまで本文です。