報道発表資料検索


個人情報を記載した書類の紛失について

代表連絡先 財務部  北河内府税事務所  管理課
ダイヤルイン番号:072-846-2882
メールアドレス:kitakawachizei@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年9月27日

提供時間

14時0分

内容

 このたび、北河内府税事務所(以下「事務所」という。)に提出された個人情報を記載した身体障がい者に係る自動車税減免申請書(以下「申請書」という。)1件を紛失していることが判明しました。

 このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

 

1 申請書に記載されていた個人情報

 納税者の住所、氏名、生年月日、携帯電話番号、自動車登録番号、身体障がい者手帳に係る等級・障害の区分

 

2 事案の経過及び対応

○平成29年9月20日(水曜日)

 納税者から、申請書を提出したが、督促状及び納付催告書が送られてきたとの連絡があった。

 調査したところ、平成29年4月18日に申請書を受け付けていることを確認したが、4月18日付けで受理した申請書及び添付資料(車検証、身体障がい者手帳及び運転免許書の写し)が所在不明となっていることが判明した。

○平成29年9月20日(水曜日)以降

 事務所全職員で執務室内をくまなく捜索したが、現在まで発見に至っていない。

○平成29年9月21日(木曜日)

 ・納税者に対し、紛失したことを説明の上、謝罪し、了承していただいた。

 ・申請書及び添付資料を再度受け付けし、減免に係る手続きはすべて完了。

 

3 事案の発生原因

 通常は、納税者から提出を受けた申請書は担当者が受付簿に記入の上、減免入力を行っている。

 しかしながら、当該事案については、減免入力作業中に何らかの理由により廃棄文書と混在させてしまい、シュレッダー処理し、減免入力を行わなかった可能性が高いと考えられる。


4 再発防止策 

○担当課長は、受付簿に記載した減免案件について、漏れなく入力作業が完了していることを定期的に確認する。

○シュレッダー等により廃棄、処分する文書については、廃棄すべきでない書類が含まれていないか再度、確認する。

○全職員に対して個人情報保護の重要性を再認識させ、個人情報を含む税務情報の適正な取扱いを再度徹底する。 

資料提供ID

28740

ここまで本文です。