報道発表資料検索


府中央卸売市場と阪神百貨店梅田本店による共同企画「阪神の魚食普及月間」を開催します。

代表連絡先 環境農林水産部  中央卸売市場  (代表)
ダイヤルイン番号:072-636-2011
メールアドレス:chuoichiba@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年9月28日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府中央卸売市場では、生鮮食料品の消費拡大を図るため、場内事業者、大学や産地と連携し、大阪産(もん)をはじめとする農水産物のPRや食育等の事業を実施しています。

 このたび、10月の「魚食普及月間」(※)に合わせて、阪神百貨店梅田本店とタイアップし、魚介類の魅力を皆様に再認識してもらい、消費拡大につなげていくための長期コラボイベントを開催します。
 
 月間のフィナーレである10月28日(土曜日)からの4日間は、大阪湾で獲れる泉だこ等、大阪産(もん)の魚介類を販売いたします。

 

 なお、期間中は、大阪府中央卸売市場の連携大学の1つである梅花女子大学の学生が考えたオリジナル商品の販売、マグロの解体ショーや即売会、全国各地で獲れる地域一押しの魚介類を販売します。



 1 とき  平成29年10月1日(日曜日)から10月31日(火曜日)

 2 ところ 阪神百貨店梅田本店地下1階 鮮魚売場(大阪市北区梅田1−13−13)

 3 内容  週替わりでテーマを替えて各地域と連携したイベントを行います。

 4 主催    阪神百貨店梅田本店

 

 5 協力    大阪府中央卸売市場、大阪府中央卸売市場管理センター株式会社、梅花女子大学

 (※)魚食普及月間とは、昭和60年に農林水産省が健康に良い水産物を普及するために定めたものです。 

昨年の写真

添付資料

週ごとの企画について(Word) (Wordファイル、23KB)

 

週ごとの企画について(PDF) (Pdfファイル、80KB)

資料提供ID

28659

ここまで本文です。