報道発表資料検索


大阪産(もん)フェイスブックで旬の食材をテーマにした特集を開始します!

代表連絡先 環境農林水産部  流通対策室  大阪産ブランド推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9606
メールアドレス:ryutsutaisaku-g05@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年10月4日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、大阪産(もん)について多くの方に知ってもらうため、フェイスブックにおいてイベント情報などを中心に紹介してきました。

 このたび、以下のとおり、旬の食材の様々な情報をシリーズでお届けする特集を開始することになりましたので、お知らせします。

1.旬の食材の特徴や産地情報
 味や形状などの特徴、府内の主産地や生産量など産地としての情報の紹介

2.生産者紹介と生産者イチオシの食べ方
 こだわりや熱意を持ち、良い商品づくりに取り組んでいる生産者と生産者ならではのお勧めの食べ方の紹介

3.プロが提案する料理方法
 日頃から大阪産(もん)を応援して下さっている大阪産(もん)ロゴマーク使用登録の「料理店」や「サポーター」等が提案する料理方法の紹介
 今年度は、サポーターの中から「なにわの料理教室 健彩青果(※1)」及び「重ね煮と麹の料理教室 きっちんすまいる(※2)」にご協力を頂く予定
 

 季節ごと旬の大阪産(もん)を選び、特集でお届けしていくことで、大阪産(もん)により親しんで頂き、率先して購入して頂くきっかけとなるよう、内容の充実を図っていく予定です。新たな大阪産(もん)フェイスブックをぜひご期待ください。

 

(※1)健彩青果
 大阪産(もん)をはじめとした旬の野菜をたっぷりと使った和食の料理教室。主宰の大畑千弦(おおはたちつる)さんは、中央卸売市場の青果卸で勤務した経験もある野菜と果物のプロフェッショナルで、積極的に産地視察を行い生産者との交流も大切にしている。

(※2)きっちんすまいる
 主宰の横地多実子(よこちたみこ)さんは、重ね煮(陰陽調和料理)の師範で、重ね煮料理を軸に、麹を使った発酵料理やアレルギー対応料理など、心と体にやさしい料理を提案している。生産者と連携したイベントも開催するなど、大阪産(もん)の美味しさを伝えている。

 



<第1回特集「大阪きゅうり」>(毎週火曜日配信予定)

 10月10日(火曜日)から開始する第1回の特集では、産地情報のほか、「きゅうり品評会(※3)」の様子などをお届けします。
 また、生産者紹介や「健彩青果」、「きっちんすまいる」及び「美奈吉(※4)」にご協力を頂き、レシピも紹介する予定です。


(※3)きゅうり品評会
開催日時:平成29年10月6日(金曜日)13時から
開催場所:あすかてくるで羽曳野店(羽曳野市埴生野975-3)
主催:JA大阪南

(※4)美奈吉
 門真市の寿司店。チョコレートケーキのような「穴子寿司ケーキ」などインパクトのある商品を提供している。店主の角 興継(かどおきつぐ)さんは、野菜カービング(飾り切り)を得意とし、多数の取材や海外から注目されるなど、その技術には定評がある。(大阪産(もん)ロゴマーク使用登録料理店)

 

関連ホームページ

大阪産(もん)フェイスブック

 

大阪産(もん)

 

あすかてくるで羽曳野店

資料提供ID

28648

ここまで本文です。