報道発表資料検索


大阪府農業協同組合中央会及び大阪府森林組合と土砂の不適正事案の情報提供に関する協定を締結します!

代表連絡先 環境農林水産部  みどり推進室森づくり課  保全指導グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9554
メールアドレス:morizukuri-g05@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年9月13日

提供時間

14時0分

内容

 

 大阪府では、土砂埋立て等の適正化を図るため「大阪府土砂埋立て等の規制に関する条例」を平成27年7月に施行し、違法な埋立て等が行われないよう、日々監視活動等を行っております。

 

 このたび、大阪府農業協同組合中央会(JA大阪中央会)及び大阪府森林組合の職員などの方が、日常の業務の中で、土砂の違法な投棄などが疑われる行為について発見もしくは情報を入手された場合、大阪府に情報提供していただく協定を締結することとなりました。

 

 本協定の締結式を、次のとおり行いますので、お知らせします。

 

 【土砂の不適正事案の情報提供等に関する協定締結式】

  

   (1)日時 : 平成29年9月15日(金曜日)午前10時30分から20分程度

  

   (2)場所 : 大阪府庁本館3階 特別会議室(大)

   

   (3)出席者 : 大阪府農業協同組合中央会 会長 岸本隆之 氏

                  (「隆」という字は、「生」の上に「一」あり。)

             大阪府森林組合 代表理事組合長 栗本修滋 氏

               大阪府副知事 竹内廣行

              大阪府環境農林水産部長 竹柴清二

  

   (4)次第 : 出席者紹介

           協定趣旨の説明

           協定書の交換

           各代表者挨拶

           写真撮影

   

   なお、大阪府では、建設残土等の不適正処理対策に向けた取組みをさらに強化するため、市町村への条例制定の働きかけの強化、ドローンによる監視の試行実施、建設発生土の適正処理に関する法律制定の国家要望の強化などに取り組んでおり、様々な対策により、土砂の不適正処理の未然防⽌を図っていきます。
   

    詳細については、添付資料「不適正処理対策に向けた取組みについて」をご参照ください。

 

添付資料

不適正処理対策に向けた取組みについて (Wordファイル、60KB)

 

不適正処理対策に向けた取組みについて (Pdfファイル、127KB)

資料提供ID

28565

ここまで本文です。