報道発表資料検索


平成29年度第2回大阪府薬事審議会医薬品等基準評価検討部会の開催のお知らせ

代表連絡先 健康医療部  薬務課  製造調査グループ
ダイヤルイン番号:06-6941-9079
メールアドレス:yakumu-g33@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年8月23日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、医薬品等の安全性及び品質の向上を図るため、医薬品等の製造販売業及び製造業における必要な施策について審議することを目的とし、大阪府薬事審議会のもとに医薬品等基準評価検討部会を設置しています。
 このたび、次のとおり標記部会を開催しますので、お知らせします。
 

 

1.とき   平成29年9月6日(水曜日) 午後2時30分から午後5時30分まで

 

2.ところ  大阪府公館 

        (大阪市中央区大手前2丁目1番46号)

 

3.議題

 (1)GMP指摘事項ノート(※1)の再検討について

 (2)医薬品製造販売業GQPモデル手順書(※2)、GVPモデル手順書(※3)の再検討について

 (3)その他
 
4.傍聴定員 10名
  傍聴希望者は、会議の開催時刻10分前までに、当該会議の会場において、部会長の許可を得た上で、入場することができます。 
  なお、傍聴の申込手続は先着順で行うので、定員になり次第、申込手続を終了します。

 

※1:GMP指摘事項ノートとは、大阪府が府内の医薬品等製造業者に対し、医薬品等の製造管理及び品質管理基準(GMP省令)に基づき指導した内容のうち、参考となる指導内容を匿名化したうえで集約した事例集です。この事例集には、指導事例の他、指導の背景や根拠なども記載されています。

(詳細は関連ホームページ参照)

医薬品・医薬部外品のGMPについて(http://www.pref.osaka.lg.jp/yakumu/gmp/index.html)

 

※2:医薬品製造販売業GQPモデル手順書とは、製造販売業の許可要件として作成が求められている、品質管理業務を適正かつ円滑に実施するための手順書のモデルを示したものです。

 

※3:医薬品製造販売業GVPモデル手順書とは、製造販売業の許可要件として作成が求められている、製造販売後安全管理業務を適正かつ円滑に実施するための手順書のモデルを示したものです。

(詳細は関連ホームページ参照)

医薬品・部外品・化粧品のGVP・GQPについて(http://www.pref.osaka.lg.jp/yakumu/gvpgqp/index.html)

関連ホームページ

医薬品等基準評価検討部会の概要

 

GMP指摘事項ノートについて

 

医薬品製造販売業のためのGQP手順書及びGVP手順書モデル

資料提供ID

28189

ここまで本文です。