報道発表資料検索


個人情報の流出について

代表連絡先 教育庁  施設財務課  歳入・会計指導グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6914
メールアドレス:shu-shien@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年7月10日

提供時間

14時0分

内容

 府立金岡高等学校において、個人情報が記入された「給与所得等に係る市民税・府民税特別徴収税額の決定通知書(以下、「決定通知書」という。)」(写)の流出が判明しました。
 このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

1 流出した個人情報の内容

 平成29年度決定通知書(写)1通
 受給者番号、氏名、指定番号、住所、宛名番号、給与所得等に係る市民税・府民税特別徴収税額

2 事案の概要 

 「高等学校等就学支援金」の申請にあたり、生徒Aより保護者の決定通知書(写)が提出されたが、不備があったため、改めて決定通知書(写)が提出された。その後、学校が、既に提出されていた決定通知書(写)を返却する際、同じ学年で違うクラスに在籍する同姓の生徒Bの保護者の決定通知書(写)を誤って生徒Aに返却した。

3 事案の経過
6月26日
・生徒Aより決定通知書(写)が提出
6月30日
・生徒Aより決定通知書(写)が再提出
7月4日
・生徒Aに対し、担任を通じて、決定通知書(写)を返却
7月5日
・生徒Aの保護者より、生徒Bの保護者の決定通知書(写)が返却されたと学校に連絡があった。
・事務職員が確認したところ、生徒Bの決定通知書(写)を返却していることが判明した。
・生徒Aの自宅に校長、担任及び事務職員が訪問し、説明と謝罪を行うとともに、生徒Bの保護者の決定通知書(写)を回収した。その後、生徒Bの自宅に校長及び事務職員が訪問し、説明と謝罪を行った。

4 流出の原因

 既に提出されていた決定通知書(写)を生徒Aに返却する際、保護者の姓だけを確認し、名前までは確認せずに、決定通知書(写)を封筒に入れ、担任を通じて生徒に渡した。なお、封入の際、複数人による確認は行わなかった。

5 再発防止策

(1)職員会議において、個人情報の流出があったことを周知し、個人情報を取り扱う際には姓だけでなく名前も確認するなど、適正な管理を行うとともに、複数人による確認を行うよう改めて周知徹底する。

(2)個人情報を取り扱う業務の適正化を図るため、個人情報管理に係る校内研修を実施する。

資料提供ID

27976

ここまで本文です。