報道発表資料検索


「健康産業創出システム構築事業」受託事業者の選定結果について

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6115-8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年7月4日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、成長が有望視されている健康産業において、製品・サービス等が自立的・持続的に生み出される仕組み(システム)を構築することを目的に、健康産業創出システム構築事業を実施します。
 このたび、運営業務について、公募型プロポーザル方式により提案募集を行った結果、下記のとおり事業者を選定しました。

 

1 業務名

 「健康産業創出システム構築事業」

 

2 最優秀提案事業者

 有限責任監査法人トーマツ

 評価点77点(うち価格点20点、提案金額6,771,600円)

 

3 選定結果の概要

(1)提案事業者 全3者(受付順)

 1 有限責任監査法人トーマツ

 2 株式会社リバネス

 3 株式会社シード・プランニング

 

(2)提案事業者の評価点(得点順)

 1 評価点77点(うち価格点20点、提案金額6,771,600円)

 2 評価点71点(うち価格点20点、提案金額6,714,174円)

 3 評価点61点(うち価格点20点、提案金額6,728,400円)

 

(3)最優秀提案事業者の選定理由

 提案計画の費用対効果が妥当と判断されるとともに、本事業の計画期間である3年間で事業を達成し得る組織力を有しており、企業ニーズに視点を置いた発想は本事業の将来の自立化に期待が持てる上、大阪・関西における既存のシステム・ネットワークと協調・連携の可能性も見込まれるため。

 

(選定委員による改善点等の意見)

 大阪府全体で健康産業創出を図るため、大阪・関西における関係機関及び既存のシステムやネットワークとの競合はできる限り避け、相互に有意な連携を図り事業を実施されたい。

 

(4)選定委員会委員(五十音順)

所属・役職委員名選任理由
小山公認会計士事務所小山 登企業会計や経営の専門家としての知見を活用し、審議していただくため
公益社団法人関西経済連合会
産業部長
野島 学健康産業に関する知見を有するとともに、大阪の産業の現状・課題などの広い知見などを活かし、提案の実現可能性、実効等について審議していただくため
国立研究開発法人理化学研究所
健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム
融合研究推進グループ
連携促進コーディネーター
堀 洋大学等の技術シーズの実用化をはじめ、産学連携(国立健康・栄養研究所との連携を含む)についての経験等に基づく広い知見などを活かし、提案の実現可能性、実効性等について審議していただくため

関連ホームページ

健康産業創出システム構築事業

資料提供ID

27756

ここまで本文です。