報道発表資料検索


府営住宅用地活用事業一般競争入札について

府営富田林清水住宅において、用地の一部を条件付で売却します

代表連絡先 住宅まちづくり部  住宅経営室施設保全課  資産活用グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9759
メールアドレス:jutakukeiei@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年5月22日

提供時間

5時0分

内容

   大阪府では、老朽化した府営住宅の建替えにより創出した土地(=活用用地)や、府営住宅内の未利用地など活用可能財産(=低未利用地)を活用して、府有地売却により歳入の確保を図るとともに、民間の活力や創意工夫により、良好なまちづくりを行うため、「条件付一般競争入札」を行っています。
   このたび、次の用地について、地域のまちづくりに必要な土地利用条件等を定め、その遵守を条件とした一般競争入札による土地の売払いを行うこととなりましたのでお知らせします。

   

1.用地の概要

  府営富田林清水住宅北側用地(物件概要参照)
  ○所在地 : 富田林市清水町141番8
                     (近鉄長野線「富田林駅」下車 東 約0.6km)
  ○用途地域 : 第一種中高層住居専用地域(建ぺい率60%、容積率200%)
  ○売払予定面積 : 1,422.74平方メートル 

  

2.用地活用事業の概要

(1)事業者決定方法
   土地利用等について条件を付した一般競争入札により、事業者を決定する。

(2)参加資格(主なもの)
 ・個人、法人を問わず参加可能とする。
 ・次のいずれかに該当する施設の建設又は運営の主体としての実績を有すること
ア.介護保険法第8条に規定する居宅サービス及び地域密着型サービス又は同法第8条の2に規定する介護予防サービス及び地域密着型介護予防サービスを行う施設
イ. 老人福祉法第29条に規定する有料老人ホーム
ウ. 高齢者の居住の安定確保に関する法律第5条に規定するサービス付き高齢者向け住宅 

(3)土地利用条件(主なもの)
   高齢化の進展など、府営住宅をとりまく社会潮流の変化を踏まえ、地域コミュニティや福祉の向上を図るため、府営住宅や地域の人々が利用できる次のア(必須施設)、イ・ウ・エのいずれか(ア・イ・ウ・エの兼用も可)に該当するサービスを提供する施設とすること。
ア.次の(ア)から(カ)までのいずれにも該当する地域コミュニティの向上に資するサービスを提供する施設
(ア)落札者において施設の管理運営を行うとともに、それに従事する人を常駐させること。
(イ)20平方メートル以上の面積を確保し、1階に設けること。
(ウ)地域住民の利用に配慮した開設時間を定め、その時間内は無料で開放すること。
(エ)コーヒーなどの飲み物を提供できること(有料とすることはできる。)。
(オ)飲食等の提供を受けない人の利用を妨げないこと。
(カ)地元の自治会等から要望があった場合は、イベントスペース等としての利用を認めること。
イ. 富田林市介護保険事業計画に準拠する介護保険法第8条に規定する居宅サービス及び地域密着型サービス又は同法第8条の2に規定する介護予防サービス及び地域密着型介護予防サービスを提供する施設
※)事業の開始については、関係機関による指定等が必要な場合がありますが、本件募集をもって、当該指定等が保証されるものではありませんので、応募者の責任において関係機関と協議を行ってください。
ウ. 老人福祉法第29条に規定する有料老人ホーム
エ. 高齢者の居住の安定確保に関する法律第5条に規定するサービス付き高齢者向け住宅(ただし、介護保険法第13条に規定する住所地特例対象施設とすること。)

 

(4)最低売払価格
    54,500,000円

 

3.スケジュール 詳細については、実施要領を参照してください。

 ○入札公告(実施要領の公表)     :平成29年5月22日(月曜日)
 ○入札参加申込み            :平成29年7月24日(月曜日)、同月25日(火曜日)
 ○入札および開札(落札者の決定)    :平成29年7月27日(木曜日)
 ○土地利用計画図等の提出(条件適合確認) :平成29年8月10日(木曜日)まで
  ○契約、支払い、所有権移転            :平成29年9月7日(木曜日)まで

  詳細については、関連ホームページ内の「平成29年度府営住宅用地活用事業一般競争入札(第1回)実施要領」をご覧ください。

関連ホームページ

府営住宅用地活用事業(用地の処分等)

添付資料

物件概要 (Pdfファイル、564KB)

 

物件概要 (Wordファイル、580KB)

資料提供ID

27295

ここまで本文です。