報道発表資料検索


電子メールの誤送信について

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室人材育成課  委託訓練グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9530
メールアドレス:jinzaiikusei-g02@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年3月31日

提供時間

14時0分

内容

 このたび、府の離職者等再就職訓練事業を受託している学校法人創造社学園から、本事業の訓練修了生に対して電子メールを送信した際、操作を誤ったことによりメールアドレスを互いに見える形で送信したとの報告がありました。府は、創造社学園に対し厳重注意の上、誤送信した訓練修了生に速やかに謝罪を行うとともに、再発防止策の検討を行うよう指示しました。

 このような事態を招きましたことを深くお詫びいたしますとともに、本事業の全ての受託事業者に対し、再発防止について万全を期すよう指導してまいります。

 

 

1 誤送信の状況

 3月29日、学校法人創造社学園の担当者が、訓練修了生に対して「自習教室使用」に関する案内を電子メールで送信した際、BCC送信を行わなかった。

 直後に、送信を行った担当者本人が誤送信に気づき、府へ連絡。

  ・誤送信した電子メールの数 1件

  ・誤送信により流出したメールアドレスの数 82名分

 

2 誤送信の原因

 送信前に別の担当者が確認を行うダブルチェックを怠ったため。

  

3 本件の対応

・3月29日、府は、創造社学園に対して厳重注意の上、誤送信した訓練修了生に速やかに謝罪を行うとともに、再発防止策の検討を行うよう指示。

・創造社学園は、府の指導を受け、直ちに誤送信した訓練修了生全員に対し、お詫びと当該電子メールの削除依頼を実施するとともに、再発防止策について府へ報告。

      

4 再発防止策

(1) 受託事業者

  ・電子メールの一斉送信の廃止。

  ・案内の告知はすべてホームページで行う。また、その旨を、オリエンテーションで訓練生全員に周知。

  ・定期的(月1回)に教職員に向けて個人情報の取り扱いに関する研修を実施し、適切な個人情報

   の取り扱いを徹底。

(2) 府

  個人情報の厳正かつ適正な取り扱いについて、本事業の全ての受託事業者に対し注意喚起を行う。

       

(参考)

 離職者等再就職訓練事業

 【事業概要】

  離職者や求職者の再就職を支援するため、就職に必要な知識、技能を身につけるための職業訓練を民間教育訓練機関に委託して実施。

資料提供ID

27154

ここまで本文です。