報道発表資料検索


マレーシアにビジネスサポートデスクを新設しました!

マレーシアでの事業展開にご活用ください

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室立地・成長支援課  国際経済交流促進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9502
メールアドレス:kokusaikeizai@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年4月3日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、府内企業の海外ビジネスを支援するため、世界9地域で、現地サポートを提供する「大阪ビジネスサポートデスク」を設置しています。

 昨年度のデスク利用件数は2月末現在で前年比2.3倍の144件、うち、ベトナム30件(対前年比2.7倍)、タイ25件(対前年比3.1倍)、フィリピン20件(2016年度新設)、ミャンマー20件(対前年比1.6倍)、インドネシア16件(対前年比3.2倍)となるなど、大阪企業の東南アジアへの進出意欲は非常に高くなっています。
 このたび、大阪府企業海外展開支援審査会による審査を経て、マレーシアに新たなビジネスサポートデスクを設置しますのでお知らせします。

 マレーシアは、ASEAN諸国の中でも1人当たりのGDPが高く、1万ドルを超えており、消費市場として大きな魅力があります。また、製造業のみならず、多くのサービス業においても外資100%での進出が認められています。こうしたことから、マレーシアを足がかりに、イスラム圏のハラールビジネスに取り組む日本企業の動きも活発になっています。
 大阪府でも、平成25年より独立行政法人国際協力機構(JICA)の協力の下、マレーシアパームオイル委員会(MPOB)と共同で「パームオイル工場の排水処理高度化・資源循環利用 普及・実証事業」を行うなど、新興有力国・マレーシアとのビジネス交流強化に向けた取り組みを行ってきました。

 今回新設したマレーシア・ビジネスサポートデスク(以下、「マレーシアデスク」と表記)では、依頼者の希望に沿った取引候補先企業のリストアップ、現地でのアポイント調整等の出張支援及び市場調査を有料で行います(詳細は添付資料の申込書を参照)。また本事業は、現地に精通し幅広いネットワークを持った民間の事業者に業務委託をしており、安心してご利用いただくことができます。
 なお、マレーシアデスクは関西広域連合域内(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県)の皆様にもご利用いただけます。これまでの地域に加え、マレーシアデスクも是非ご活用ください。

<ご利用方法>
添付資料の申込書に必要事項をご記入の上、ファクシミリまたは電子メールにて下記の宛先に送付してください。

<お申し込み・お問い合わせ先>
大阪府 商工労働部 成長産業振興室 立地・成長支援課 国際経済交流促進グループ
電話:06−6210−9502 ファクシミリ:06−6210−9296
電子メール:kokusaikeizai@gbox.pref.osaka.lg.jp

関連ホームページ

大阪ビジネスサポートデスクによる海外ビジネス展開支援

 

大阪府企業海外展開支援審査会について

 

パームオイル工場の排水処理高度化・資源循環利用 普及・実証事業の実施について

添付資料

大阪ビジネスサポートデスク利用申込書 (Wordファイル、72KB)

 

大阪ビジネスサポートデスク利用申込書 (Pdfファイル、228KB)

資料提供ID

27023

ここまで本文です。