報道発表資料検索


竹内街道を活用した魅力あふれる都市空間の創造について

竹内街道周遊バスでつながるまちづくり企画

代表連絡先 住宅まちづくり部  都市空間創造室  事業企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9327
メールアドレス:toshikukan-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年2月8日

提供時間

14時0分

内容

   大阪府では、「グランドデザイン・大阪都市圏」に基づき、2050年を目標に、定住魅力ある広域連携型の都市空間の創造をめざしています。

 その取組の一つとして、歴史街道などの歴史的・文化的資源を活用し、街道沿いの自治体が連携した魅力あふれる都市空間となるよう取組を進めています。

 現在、「日本最古の官道」といわれる竹内街道では、大阪と奈良にまたがる沿道12自治体で広域ネットワークを活かした都市間連携の強化によるまちづくりを進めています。

 

 このたび、内閣府の地方創生加速化交付金を活用し、歴史的・文化的資源を活かした街道のまちづくりを進めるため、羽曳野市から太子町を経て、奈良県葛城市までの無料周遊バスを試験運行し、街道へのアクセス環境の検証、古民家の活用や景観の保全・整備に向けた検討を行います。

当日は、「たいし聖徳市」や古民家・大道旧山本家住宅で楽器演奏など、竹内街道沿道の見どころが盛りだくさんとなっています。

また、3月19日(日曜日)は、奈良県大和高田市のコスモスプラザで開催される「竹内街道・横大路(大道)街道まつり」へも運行いたします。

 

 ご参加いただいた皆様には、街道へのアクセス環境、古民家の活用や景観についてご意見をいただき、今後のまちづくりに活かしていきます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

        

【開催概要】

(1)運行日

   平成29年2月19日(日曜日)、3月19日(日曜日)

(2)運行時間

   午前9時から午後5時ごろまで

(3)運行ルート(バス停車位置)

   羽曳野市(古市駅、河内ワイン館、飛鳥ワイン)→太子町(和みの広場、営農経済センター、道の駅近つ飛鳥の里)→葛城市(綿弓塚、當麻庁舎、道の駅かつらぎ、梅乃宿酒造、尺土駅)を周遊(約1時間間隔で運行)

   ※3月19日(日曜日)は、大和高田市のコスモスプラザに運行いたします。

   ※お好きな停車位置でご乗降いただけます。

(4)乗車料

   無料

 

詳細は、開催案内をご覧ください。

 

※「グランドデザイン・大阪都市圏」とは

 2050年を目標に、関西全体を視野に、概ね関西大環状道路の範囲内を大阪都市圏として、都市間連携の強化や大胆な土地利用の転換等を行い、民間主導により、人・モノ・情報・投資を呼び込める、府域全体の都市空間創造に向けた大きな方向性を示すもの。

関連ホームページ

グランドデザイン・大阪都市圏

添付資料

開催案内 (Pdfファイル、778KB)

資料提供ID

26518

ここまで本文です。