報道発表資料検索


街道ネットワークフォーラム2017の開催について

街道でつながるまちづくり

代表連絡先 住宅まちづくり部  都市空間創造室  事業企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9327
メールアドレス:toshikukan-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2017年2月8日

提供時間

14時0分

内容

   大阪府では、「グランドデザイン・大阪都市圏」に基づき、2050年を目標に、定住魅力ある広域連携型の都市空間の創造をめざしています。

 その取組の一つとして、歴史街道などの歴史的・文化的資源を活用し、街道沿いの自治体が連携した魅力あふれる都市空間となるよう取組を進めています。

 

 このたび、内閣府の地方創生加速化交付金を活用し、大阪、奈良、和歌山の街道沿道で活躍されているまちづくり団体や専門家に、歴史街道沿道の都市が連携し、歴史的・文化的資源を活かした、街道でつながるまちづくりについて、議論していただく「街道ネットワークフォーラム2017」を開催します。

 

 このようなフォーラム等を踏まえ、民間主導のまちづくりに向け、歴史的・文化的資源を活用した広域的なまちづくりと、それをつなぐネットワークの強化による地域価値の向上、さらに必要な公共空間の活用等について、沿道市町村、民間企業、地域の方々などとともに順次取組を図り、魅力あふれる都市空間創造を進めていきます。

 

 どなたでもご入場いただけますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。

  

【街道ネットワークフォーラムの開催概要】

1 開催日時

        平成29年3月4日(土曜日)13時00分から17時00分

2 開催場所

        LICはびきの(羽曳野市軽里1−1−1)

3 定員

       630人 入場無料(申込不要、先着順)

4 プログラム

  (1)オープニングセレモニー

    雅楽(太子町)「平調 越殿楽」演奏

  (2)第一部 基調講演

    龍谷大学政策研究科教授 青山公三氏

    『協創とネットワークのまちづくり』−新たな地域のまちづくり戦略創出−

  (3)第二部 取組報告/パネルディスカッション

    コーディネーター:龍谷大学政策研究科教授 青山公三氏

    パネリスト:松井史郎氏(竹内街道)、西條陽三氏(高野街道)、道本浩司氏(南海道)、米村博昭氏(横大路・下ツ道)

詳細は、開催案内をご覧ください。

 

※「グランドデザイン・大阪都市圏」とは

 2050年を目標に、関西全体を視野に、概ね関西大環状道路の範囲内を大阪都市圏として、都市間連携の強化や大胆な土地利用の転換等を行い、民間主導により、人・モノ・情報・投資を呼び込める、府域全体の都市空間創造に向けた大きな方向性を示すもの。

関連ホームページ

グランドデザイン・大阪都市圏

添付資料

開催案内 (Pdfファイル、2239KB)

資料提供ID

26517

ここまで本文です。