報道発表資料検索


滝畑ダムで地酒熟成の検証開始!

代表連絡先 環境農林水産部  南河内農と緑の総合事務所  滝畑ダム分室
ダイヤルイン番号:0721-62-3672
メールアドレス:minami-no-mi-g12@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2016年12月21日

提供時間

10時0分

内容

 大阪府では、河内長野市に所在する滝畑ダムを地域の皆様により身近に感じていただけるよう、「開かれたダム」施策を推進しております。

  このたび、ダムの魅力を生かした地域振興・観光振興を目指し、滝畑ダム湖底やダム施設の一部であるリムトンネル(※1)で、観光資源の1つとなる地酒の熟成の検証を行います。

  滝畑ダムの湖底は、冬から春にかけて水温が7度で保たれ、水の流れが穏やかです。また、リムトンネルは、高さ約2.5メートル、長さ約90メートルの工事用小型トンネルで、同じく冬から春にかけて気温12度前後で推移する、安定した環境を保つことができる施設です。

 これらの特性を生かし、河内長野市や地元醸造企業と連携し、約半年間貯蔵させて地酒が熟成可能であるか検証(※2)します。

 

※1 リムトンネル:ダム建設時に、堤体上面横の山に掘られた工事用小型トンネル。現在は未使用

※2 味覚センサーによる数値分析及び官能検査(きき酒)を実施予定。

 

1 貯蔵期間       平成28年12月26日(月曜日)10時から平成29年5月31日(水曜日)まで

               (3月中旬に中間確認、6月上旬に分析等実施予定)

              

2 場所         河内長野市滝畑240−2 滝畑ダム

                    ・滝畑ダム湖底(滝畑ダムサイト直上流部コンクリート構造物上)

                           ・リムトンネル最奥部

   

3 貯蔵内容     各箇所に一升瓶6本入りケース1つ(地酒3種類×2本)の計12本 

 

4 今後の予定    本格運用に関しては、本検証結果を踏まえ、河内長野市、企業等と連携し、

                          奥河内の特産品を目指し、推進していく予定。 

 

5 問い合わせ先 環境農林水産部 南河内農と緑の総合事務所 滝畑ダム分室

               電話番号 0721−62−3672

関連ホームページ

滝畑ダムのホームページ

資料提供ID

26129

ここまで本文です。