報道発表資料検索


関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第11報)

代表連絡先 健康医療部  保健医療室医療対策課  感染症グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-9157
メールアドレス:iryotaisaku-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2016年9月12日

提供時間

14時0分

内容

 関西空港内にある事業所における勤務者の麻しん(はしか)の集団感染について、 本日の状況をお知らせします。(第11報)

9月12日現在大阪府が把握している関西空港内の事業所における陽性者数(人)

9月11日10時までの累計

9月12日10時までの判明分合計うち、回復した方(※)
3333

33

 ※関西エアポート株式会社9月12日調べ

 なお、勤務者とは別に新たに関西空港利用者1名の陽性者が判明しましたが、今回の集団感染との関連は、現在のところ不明です。

 泉佐野保健所では、引き続き患者の発生状況について把握に努めるとともに、関西エアポート株式会社等と協力して、感染拡大防止に向けた取組をしています。

 府民のみなさまには、麻しんの疑いがある場合は、早めに医療機関を受診してください。その際には、事前に医療機関に電話し、麻しんの疑いがあることを伝え、指示に従ってください。また、相談は最寄の保健所にご連絡ください。

「麻しんの疑い」があるのは次の場合です。
症状(発熱、せき、鼻水、眼球結膜の充血、発しん等)があり、
 1 麻しん患者と接触していた場合。 
 2 麻しん流行国(特にアジアの国々)への最近の渡航歴がある場合。
 3 8月22日以降、関西空港を利用した場合。
 4 8月28日にりんくうプレミアム・アウトレット及び周辺施設を利用した場合。

■関西空港内事業所の勤務者向けの対策について
 関西空港事業所の勤務者のうち、麻しん患者との接触を否定できない方には、健康観察を実施するとともに、有症状時の休業や早期の医療機関受診、受診の際の医療機関への事前連絡等の対策を引き続き行っています。

関連ホームページ

大阪府ホームページ 麻しん(はしか)について

 

大阪府感染症情報センターホームページ 麻しん情報

 

厚生労働省ホームページ 麻しん・風しん

資料提供ID

25204

ここまで本文です。