報道発表資料検索


障がい者及び障がい児の施設・事業所に対する指導強化について

虐待などが疑われる場合には、「事前通告なし」で実地指導を行います

代表連絡先 福祉部  障がい福祉室生活基盤推進課  指定・指導グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6026
メールアドレス:seikatsukiban@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2016年7月1日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府が所管する障がい者及び障がい児の施設・事業所に対し、虐待防止等に重点を置いた機動的な実地指導が実施できるよう、今般、「大阪府指定障がい福祉サービス事業者等指導実施要領」等の一部を改正しましたので、お知らせします。 

 

【改正の趣旨】
 昨年、大手介護事業者グループが運営する複数の事業所において、従事者による深刻な高齢者虐待事案が発生するなど、高齢者の入所施設等における虐待が全国的に問題化しました。

 

 障がい者及び障がい児の施設・事業所における虐待も同様に問題となっていることから、大阪府では国の「指定障害福祉サービス事業者等指導指針」及び「指定障害児通所支援等事業者等指導指針」の改正(平成28年4月8日付)を踏まえ、「大阪府指定障がい福祉サービス事業者等指導実施要領」等の一部を改正しました。 

 

 今後、障がい者及び障がい児の施設・事業所への実地指導については、あらかじめ文書等により通知する通常の実地指導に加え、虐待が疑われる場合など、事前通知したのでは日常におけるサービス提供状況等が確認できないと認められる場合には、「事前通告なし」で緊急に実地指導を行うこととします。 

 

 ※なお、本指導方針については、ホームページへの掲載や集団指導等において周知徹底するとともに、権限移譲した市町村においても、同様の取組が行われるよう、府として働きかけていきます。 

 

【障がい者福祉施設従事者等による虐待件数】
       平成26年度   平成25年度
 全国     311件      263件
 大阪府     27件       22件

添付資料

障がい者及び障がい児の虐待防止等に重点を置いた指導強化について (Pdfファイル、224KB)

 

障がい者及び障がい児の虐待防止等に重点を置いた指導強化について (Excelファイル、18KB)

 

大阪府指定障がい福祉サービス事業者等指導実施要領 (Pdfファイル、169KB)

 

大阪府指定障がい福祉サービス事業者等指導実施要領 (Wordファイル、69KB)

 

大阪府指定障がい福祉サービス事業者等監査実施要領 (Pdfファイル、176KB)

 

大阪府指定障がい福祉サービス事業者等監査実施要領 (Wordファイル、73KB)

資料提供ID

24384

ここまで本文です。