報道発表資料検索


「OSAKA光のルネサンス」と「大阪芸術大学」初の共同事業 大阪・未来創造プロジェクトが始動します!

将来を担う学生たちがアートサイエンス作品を制作・発表

代表連絡先 府民文化部  都市魅力創造局魅力づくり推進課  魅力推進・ミュージアムグループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9304
メールアドレス:toshimiryoku-g03@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2016年5月10日

提供時間

14時0分

内容

 大阪・光の饗宴実行委員会と学校法人塚本学院大阪芸術大学は、初の共同事業として「大阪・未来創造プロジェクト」を実施します。
 

 「大阪・未来創造プロジェクト」は、大阪芸術大学生と、一般募集により参加する高校生が、OSAKA光のルネサンスのメインプログラムの一つである「大阪市中央公会堂プロジェクションマッピング」の作品を制作し、今冬のイベント期間中に発表・発信するプロジェクトです。
 総合プロデューサーに就任する【大阪芸術大学客員教授 村松亮太郎氏】のプロデュースのもと、企画・演出・構成などを0(ゼロ)からつくり上げ、アートとテクノロジーが融合する「新たな光のアートサイエンス」作品を制作していくという体験を通じて、未来を担う学生たちの創造性や可能性を最大限に引き出し、未来を切り拓く力を育みます。
 

 また、水都大阪のシンボルエリア・中之島の歴史ある大阪市中央公会堂を活かすことのできるクオリティや芸術性の高い作品とし、「水と光の首都大阪」のブランドの確立や大阪の活力向上につなげていくことをめざします。
 
大阪・未来創造プロジェクト概要
 村松亮太郎氏のプロデュースのもと、一般公募で募集した高校生や大阪芸術大学の学生を対象に、6月から複数回のワークショップなどを開催し、「OSAKA光のルネサンス2016」において大阪市中央公会堂に照射する光のアート作品を制作するプロジェクトです。
   

【総合プロデューサー プロフィール】

 村松 亮太郎(大阪芸術大学客員教授:NAKED Inc代表)

 大阪府堺市出身。テレビ、広告、ミュージックビデオ、空間演出などジャンルを問わず活動。 長編・短編作品と合わせて国際映画祭で48ノミネート、受賞している。
 近年の主な作品:東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYOHIKARI VISION』演出、東京国立博物館で開催された特別展「京都−洛中洛外図と障壁画の美」『KARAKURI』演出、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、「新江ノ島水族館ナイトアクアリウム」企画・演出等

 
大阪芸術大学客員教授 村松亮太郎氏の写真
 

【総合プロデューサーからのメッセージ】

 0×0=∞(ゼロ×ゼロ=無限大)

 私はアートとテクノロジーの可能性をこの言葉に込めました。テクノロジーが氾濫するこの時代にあって、テクノロジーを進化させ、より有益なものへと変化させることができるのは、アートが持つ発想性や創造性です。人間の中にある発想性や創造性を育て、「人の未来とまちの未来を創る」プロジェクトを開始しますので、ぜひ「0(ゼロ)」を恐れずに、その先の無限の可能性を追求しましょう。

 

〈参考〉OSAKA光のルネサンス2016概要

  開催期間:平成28年12月14日(水曜日)から12月25日(日曜日)17時から22時

              ※プレビュー点灯期間(一部コンテンツのみ)

         平成28年11月20日(日曜日)から12月13日(火曜日)17時から23時

  開催場所:大阪市役所周辺から中之島公園

 

 〔問い合わせ先〕

  大阪・未来創造プロジェクト作品制作等に関すること

    大阪芸術大学グループ企画広報部

    (電話)0721-70-7775

    (電子メール)kouhou@osaka-geidai.ac.jp

 
 

OSAKA光のルネサンス会場
  

関連ホームページ

大阪・光の饗宴公式ホームページ

添付資料

(参考資料)大阪・未来創造プロジェクトのチラシ (Pdfファイル、516KB)

資料提供ID

23718

ここまで本文です。