報道発表資料検索


「第5回大阪マラソン」チャリティ募金総額及びチャリティ事業の報告について

代表連絡先 府民文化部  都市魅力創造局文化・スポーツ課  スポーツ振興グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9317
メールアドレス:bunsupo@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2016年3月24日

提供時間

14時0分

内容

 大阪マラソンは、「みんなでかける虹。」を合言葉に、参加するすべてのランナーをはじめ、観客のみなさんやボランティア等、本マラソン大会にかかわる多くの方々に、チャリティに参画する機会を提供すること等により、チャリティ文化の普及をめざしています。

 このたび、大阪マラソン組織委員会チャリティ専門部会は、平成27年10月25日(日曜日)に開催しました「第5回大阪マラソン」のチャリティプログラムの事業報告をまとめましたので、お知らせします。


                             
■チャリティ募金総額127,683,676円(過去最高)

■第5回大会の主なチャリティ事業内容

・チャリティアンバサダーのジミー大西さんに大阪マラソンをイメージした絵画「駆ける」を制作いただき、その絵画からポスターを作成し、大阪府内の市役所や駅構内などに掲出することで、チャリティ文化の普及に努めました。 

・「チャリティランナー」467名がフェイスブックやツイッターなどで寄付を呼びかけ、それぞれが7万円以上の寄付金を集めるなど、チャリティで大会を盛り上げました。(過去最多人数)

  ・「なないろチャリティTシャツ」や「ニックネーム入りナンバーカード」に加え、新たに「なないろチャリティキャップ」をランナー限定で販売し、売上の一部を寄付金としました。

  ・EXPO会場や大会当日のコース沿道に募金コーナーを設置し、500円以上チャリティ募金にご協力いただいた方へ「なないろハイタッチ手袋」を進呈するなど、多くの方に気軽にチャリティ事業に参画いただけるよう取り組みました。

 ・新企画として、大会当日、マラソンコースのラスト1.2キロメートルを親子で走る「ケイ・オプティコムPresents チャリティ親子ラン2015」を開催し、7つのチャリティテーマの募金箱で、チャリティ募金を集めました。


【参考】大阪マラソン公式ホームページ(チャリティ寄付先団体のページ)

https://www.osaka-marathon.com/2015/charity/theme/

関連ホームページ

大阪マラソン公式ホームページ

添付資料

第5回大阪マラソンチャリティプログラム事業報告書 (Pdfファイル、922KB)

資料提供ID

23523

ここまで本文です。