報道発表資料検索


平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について

代表連絡先 環境農林水産部  環境管理室環境保全課  化学物質対策グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9578
メールアドレス:kankyokanri-g09@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2016年3月14日

提供時間

14時0分

内容

大阪府では、PRTR法※及び府生活環境保全条例に基づき、化学物質の環境中への排出量等の削減に取り組んでいます。
  このほど、平成27年度にPRTR法及び府条例に基づき、事業者から届出のあった平成26年度の化学物質の排出量等についてとりまとめましたので、お知らせします。
 ※PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律

1.平成26年度における化学物質の排出量について

平成26年度の大気や公共用水域等への化学物質の排出量は約1万1,700トンであり、平成25年度の排出量約1万1,400トンと比べると、3.0%増加しました。
 また、光化学スモッグの要因物質である揮発性有機化合物(VOC)の平成26年度の排出量は、約1万500トンと、排出量全体の約9割を占めており、平成25年度の排出量約1万200トンと比べると、2.9%増加しました。
 化学物質の排出量は、長期的には減少傾向ですが、近年は横ばい傾向となっています。

 

              表 大阪府域における化学物質の排出量の集計結果 

 平成25年度 平成26年度  増減率
届出排出量

  1.14万トン

  (1.02万トン)

  1.17万トン

  (1.05万トン)

   3.0%

     (2.9%)

(注)(  )内は揮発性有機化合物(VOC)を示しています。

 
2.化学物質管理計画書等の届出について

化学物質を適正に管理するため、府条例に基づき、事業者は化学物質の管理計画書や管理目標とその達成状況を届出ることとしています。

管理計画書は、届出制度を開始した平成21年度から平成27年度までに、652事業所から届出がありました。また、管理目標とその達成状況については、平成27年度は623件の届出がありました。


3.今後の対応

府は、化学物質による環境リスクの低減に向け、引き続き市町村と連携し、事業者による化学物質の自主的な管理を促進するため指導、助言をしていきます。
 

関連ホームページ

大阪府化学物質管理制度について

添付資料

平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について(概要) (Wordファイル、250KB)

 

平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について(概要) (Pdfファイル、186KB)

 

平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について (Wordファイル、598KB)

 

平成26年度の大阪府域における化学物質の排出量等について (Pdfファイル、521KB)

資料提供ID

23438

ここまで本文です。