高い所での作業時における転落予防について

更新日:平成30年10月1日

今般の台風等による、家屋の屋根瓦などの修繕のため、
屋根や脚立等に上り高い場所での作業中に、誤って転落したり、
劣化した屋根が抜けて落下し負傷するという事故が急増しているという情報が入っております。
不慣れな高所での作業は危険を伴うもので、
転落や落下した場合には大きな怪我に繋がる可能性が高く、
時として命を落とすこともあります。

万一、作業が必要な場合には、ヘルメットを装着するとともに、
安全帯などを使用し、更に滑りにくい安全靴を履くなど、
十分に自身の安全を確保し、
転落や落下を予防するよう心掛けてください。 

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室消防保安課 消防指導グループ

ここまで本文です。