産業保安に関するお知らせ

更新日:令和2年3月3日

現在お知らせしている情報は以下のとおりです。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための許可申請・届出等に係るお願いについて

火薬類取締法、高圧ガス保安法、武器等製造法、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律、電気工事士法及び電気工事業法に係る許可、登録及び届出等をされる方で法令等に定められている期間に余裕のある方は、本年3月中の手続きはできる限り控え、4月以降に手続きをしていただくようお願いします。ただし法令等で定める期間又は期限が迫っている申請等につきましては、この限りではありませんので、定められている期間内に手続きをお願いします。
手続きの際は、できる限りマスクを着用し、窓口に備え付けの消毒液等で手を消毒してから申請等の手続きを行うようにお願いします。
 
なお、電気工事士免状に関する手続きは、一部を除き電子申請が可能です。詳細については以下のページをご確認ください。
⇒ 電気に関する申請

火薬類取締法に関する試験について

現在ありません。

高圧ガス保安法及びLPガス法(※)に関する試験について

現在ありません。

※LPガス法・・・液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律

電気工事士法に関する試験について

第一種電気工事士試験(国家試験)の申込みについて

※試験については、一般財団法人電気技術者試験センターが実施します。
  詳細は、
一般財団法人電気技術者試験センター(外部サイトを別ウインドウで開きます)のホームページを確認してください。

受験申込み受付期間

【インターネット・書面】令和2年6月18日(木曜日)から7月2日(木曜日)まで
※書面申込みは郵便局の日付印有効、インターネット申込みは初日は10時から、最終日は17時までとなります。

試験日

 【筆記試験】 令和2年10月4日(日曜日)
 【技能試験】 令和2年12月12日(土曜日)又は12月13日(日曜日) ※試験地により異なります

第二種電気工事士試験(国家試験)上期の申込みについて

※試験については、一般財団法人電気技術者試験センターが実施します。
  詳細は、
一般財団法人電気技術者試験センター(外部サイトを別ウインドウで開きます)のホームページを確認してください。

受験申込み受付期間

 【インターネット・書面】 令和2年3月19日(木曜日)から4月9日(木曜日)まで
 ※書面申込みは郵便局の日付印有効、インターネット申込みは初日は10時から、最終日は17時までとなります。

試験日

 【筆記試験】 令和2年5月31日(日曜日)
 【技能試験】 令和2年7月18日(土曜日)又は7月19日(日曜日) ※試験地により異なります

受験案内の配布場所

 大阪府電気工事工業組合の窓口でも配布していますが、数に限りがありますので、事前にお電話でご確認ください。
 その他の配布場所については、一般財団法人電気技術者試験センター(外部サイトを別ウインドウで開きます)のホームページを確認してください。

大阪府高圧ガス保安大会の開催について

  令和元年度は、令和元年10月23日に大阪市内で開催しました。 
  大会には約300名の方が集い、「高圧ガスによる災害事故の絶滅を期する」との大会宣言を採択しました。
  令和元年度保安大会の写真  

大阪府高圧ガス防災訓練について

毎年10月ごろに、高圧ガス事故の未然防止と事故発生時の拡大防止に向けた取組みとして大阪府高圧ガス地域防災協議会と協力し、大阪府高圧ガス防災訓練を実施しています。
  訓練風景1  訓練風景2

火薬類危害予防週間について

令和元年6月10日(月曜日)から6月16日(日曜日)まで、火薬類危害予防週間を実施します。火薬類危害予防週間は、火薬類による災害・事故を防止し、公共の安全を確保することを目的として毎年度実施するもので、この期間中に各地の実情に即した行事を行い、火薬類の危害予防意識の高揚を図ります。
詳細は、経済産業省のホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

高圧ガス保安活動促進週間・放置ボンベ撲滅週間について

令和元年10月23日(水曜日)から10月29日(火曜日)までは、高圧ガス保安活動促進週間及び放置ボンベ撲滅週間です。
高圧ガス保安活動促進週間を通じて民間事業者等の高圧ガスの保安に関する活動を促進し、高圧ガスによる災害を防止するために各地の実情に即した行事を行い、高圧ガスの保安活動の促進を図ります。

また、高圧ガスボンベは、放置されていると、爆発や噴出・漏えい等による事故を招く恐れがあります。発見された場合は速やかに近くの消防署等への連絡をお願いします。放置ボンベ撲滅週間では、放置ボンベ撲滅のため周知等の各種活動を行います。

詳細は、経済産業省のホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

LPガス消費者保安月間について

毎年10月は、 LPガス消費者保安月間。保安月間中は、LPガス関係団体等にも御協力をいただき、LPガス事故防止のための保安啓発活動を集中的に実施することで、LPガスをお使いの方々の保安意識の向上を図ります。

詳細は、経済産業省のホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

電気使用安全月間について

感電死傷事故発生の最も多い8月を電気使用安全月間と定め、関係各団体において自主的に実施している安全運動を集中的に展開することにより、運動をより効果的なものとして広く国民の間に電気使用の安全に関する知識と理解を深め、もって電気事故の防止に資することとして、毎年各種取組みを実施しています。
詳細は、経済産業省のホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

電気工事業を営む皆様へ

LPガス容器の近くに着火源となりうる電気製品を設置する際は、2mを超える保安距離を確保してください。電気製品が、着火源となるかどうかは、LPガス販売店にご相談ください。

○着火源とならない電気設備とは
 (以下の3項目を全て満たすこと。それ以外の電気製品は、着火源となる可能性があります)
 1.直接裸火を持たないこと。
 2.320℃より高温となる部分を持たないこと。
 3.接点を持つ電気製品は、On-Offによる電気火花が点火(着火)エネルギーより小さいこと。あるいは、接点が密封されていて、電気火花が外に出ないこと。
  ※日常使用しない接点など(保守および点検用等)は、接点として扱わない。

○保安距離が確保できない場合
  不燃性隔壁で火気を遮る措置をし、隔壁の高さはLPガス充填容器よりも低くしないでください。
  詳細は、経済産業省のホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

その他のお知らせ

 長野県から同県内で発生した未検査の高圧ガス容器の流通に関し周知依頼がありました。
 詳細は次のページのとおり・・・未検査の高圧ガス容器(フォークリフト用)の流通に関するお知らせ

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室消防保安課 保安グループ

ここまで本文です。