打上川治水緑地

更新日:平成31年3月14日

打上川治水緑地利用者のみなさんへ 

 雨のときご注意!
治水緑地内で、警報放送・警報サイレンが鳴ったら(パトライトも点灯します)、すみやかに緑地から退避してください。
集中豪雨や大雨で寝屋川、打上川が増水・警戒水位に達したとき、緑地内に水を貯めるときには前もって、スピーカー放送とサイレン警報でお知らせします。
一連の放送警報は各監視塔より順番に行い、始まりから終わりまで約10分程度かかります。


施設のねらい

 治水として・・・
 寝屋川下流部の川の流量負担を軽くするために、寝屋川と打上川の合流点付近から、両河川洪水を遊水地に分水することによって、街を洪水から防ぎます。
 緑地として・・・
 市内中心部に近いため、大きな広場や緑地は、人々に憩いとやすらぎを与える貴重な空間です。またこの広場は、洪水だけでなく災害時の避難地としての役割も持っています。

施設のあらまし

寝屋川と打上川の合流点付近では、洪水の時には多くの水が集まり、被害をもたらすかもしれません。

そこで、河川が氾濫する前に、緑地全体に水を流入させ、池として遊水させることで、下流河川の負担を軽くします。

  

 高水ピークカット量

 35m3/s

 調節池面積

 13.3ha

 有効貯水容量

 270,000m3

 流入量

 寝屋川より45m3/s

 打上川より25m3/s

 吐出量

 寝屋川へ35m3 /s

 流域面積

 7.75km2

 対象降雨

 62.9mm/時 (S32.既往最大降雨実績)

 監視施設

 7ヶ所


平時

   洪水時

平常時 

洪水時

このページの作成所属
都市整備部 枚方土木事務所 太間管理グループ

ここまで本文です。