指定管理者制度におけるモニタリング(点検)の方針

更新日:令和元年8月23日

1 モニタリング(点検)の目的

 管理運営の状況について点検・評価を行い、その結果を公表することで施設設置者としての説明責任を果たすとともに、以降の年度の事業計画等に反映させることにより、府民ニーズに合致した質の高いサービスの提供と効率的な施設運営の一層の推進に資することを目的とするものである。



2 モニタリング(点検)の対象

 モニタリング対象施設一覧 [PDFファイル/73KB]

  モニタリング対象施設一覧 [Excelファイル/39KB]

3 モニタリング(点検)の方法

 指定管理者による自己評価及び施設所管課による評価結果を指定管理者評価委員会に報告し、同委員会による指摘・提言を踏まえ、施設所管課が対応方針を決定し、次年度以降の事業計画等に反映する。

このページの作成所属
財務部 行政経営課 企画調整グループ

ここまで本文です。