平成30年5月定例会 副議長退任のあいさつ

更新日:平成30年5月25日

旧副議長 奴井 和幸議員の写真  

奴井 和幸すぎもと たけし議員(自民)

副議長退任あいさつ 於:議場

 副議長を退任するに当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 昨年の5月定例会におきまして、歴史と伝統ある大阪府議会第112代副議長に就任させていただき、以来、微力ではございますが、円滑な議会運営と府政の推進に努めてまいりました。
 本日、その職を辞するにあたり、議員各位、知事・理事者の皆様、報道関係の皆様の御協力に対しまして、厚く御礼を申し上げます。
 この間、府民の皆様の負託に応えられるよう、二元代表制の一翼としての役割の発揮に努め、府政の推進と府民福祉の向上に取り組んでまいりました。この貴重な経験を活かして、来年、大阪での開催が決定いたしましたG20サミットや、2025年日本万国博覧会、来年夏の世界文化遺産登録を目指しております、「百舌鳥・古市古墳群」などを通じて、大阪の魅力、ポテンシャルを広く世界へ発信し、更なる大阪の成長・発展に引き続き全力で取り組んでまいる所存でございます。今後ともよろしくお願いを申し上げます。
 結びに、議員各位をはじめ、皆様方のますますの御健勝と御活躍を御祈念申し上げまして、私の退任の御挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。

このページの作成所属
議会事務局 総務課 議会改革・広報グループ

ここまで本文です。