令和2年5月定例会 議長退任のあいさつ

更新日:令和2年5月22日

旧議長 三田 勝久議員の写真  

三田 勝久議員(維新)

議長退任あいさつ 於:議場

 議長退任に当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 昨年の5月定例会で皆様方に御推挙をいただき、歴史と伝統を誇る大阪府議会第112代議長を拝命いたしました。
令和という新しい時代を迎えての一年でした。振り返りますと、昨年6月にG20大阪サミットの開催、7月は百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録、9月にはラグビーワールドカップが開催されました。中でもG20大阪サミットは、大阪が国際都市として世界に向けて発信することができました。
 また、議会改革を進めることができました。昨年5月に議会改革検討協議会を設置し、9月定例会では、これまでの決算審査のあり方を見直し、より専門性の高い審査ができるよう各常任委員会で決算審査を実施するとともに、本会議での一般質問の機会を議員の任期中2回から3回に増やしました。また2月定例会では、議会で使用する資料をペーパーレス化して、48万枚のペーパー削減を実現することができました。ひとえに議員各位の御協力の賜物と感謝いたします。
 今年に入り新型コロナウイルスが世界中を襲い、今なお混乱が続いています。府民の皆様に御協力いただいたおかげで少しずつ光は見え始めましたが、今後も、第二波、第三波がやってくると思われます。しかし、夜は必ず明けます。「耐えるべきときに耐えて、攻めるべきときに攻める」。長いトンネルの向こうにある希望を見て、収束後の大阪の回復に全力を尽くしたいと思います。
 議長退任に当たりまして、この議場におられます同僚・先輩議員の皆様、知事をはじめとします理事者の皆様、報道の皆様、大変御協力・御支援をいただきまして、誠にありがとうございました。
 皆様方に御礼と、そしてまた引き続きの御指導・御鞭撻をお願いし、あわせて皆様方の御活躍と大阪府政の益々の発展を御祈念申し上げ、私の退任の御挨拶とさせていただきます。
 本当にありがとうございました。

このページの作成所属
議会事務局 総務課 広報グループ

ここまで本文です。