大阪府議会だよりNo.180


ここから本文です。

更新日:平成28年12月1日

                                                                      印刷用PDFはこちら [PDFファイル/2.2MB]           
平成28年(2016年)12月1日 木曜日
No.180 大阪府議会だより 発行 大阪府議会事務局 〒540−8570 大阪市中央区大手前2丁目 9月定例会 平成28年9月27日から12月20日 

9月定例会 府市の研究所統合案、補正予算案などを可決 万博の大阪誘致推進を決議

  9月27日に開会した9月定例会は、代表質問、一般質問(主な項目は下記参照)にはじまり、各常任委員会での審査を経て、本会議で採決を行いました。主な案件としては、府立産業技術総合研究所と市立工業研究所を統合して「大阪産業技術研究所」を新設する議案、府立公衆衛生研究所と市立環境科学研究所との統合に関する議案や、補正予算案などがあり、これらを含む議案51件及び報告2件を可決・同意・承認しました。 また、11月4日に開催した本会議において、10月28日に基本構想案が公表された「2025日本万国博覧会」の大阪誘致に対する決議を可決しました。 本会議の模様は、傍聴・インターネット中継(ライブ・録画)でご覧いただけます。詳しくは大阪府議会ホームページをご覧ください。可決・同意・承認した議案等 知事提出議案 53件(予算案4件、事件議決案25件、条例案21件、人事案件1件、報告2件) 地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所に係る中期目標の一部を変更する件 地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所及び地方独立行政法人大阪市立工業研究所の新設合併に関する件 知事及び副知事の給料、手当及び旅費に関する条例一部改正の件(知事等の外国旅行の航空機について利用クラスの上限をファーストクラスからビジネスクラスとする条例改正案) など 可決した決議 北朝鮮による核実験及び弾道ミサイル関連活動に断固抗議する決議(9月27日) 「2025日本万国博覧会」の大阪誘致に対する決議

可決した意見書 食品ロス削減に向けての取組を進める意見書 チーム学校推進法の早期制定を求める意見書 無年金者対策の推進を求める意見書 採択した請願 腎疾患総合対策の早期確立等に関する件 総合的難病対策に関する件


議案・決議・意見書・請願についてはこちらから、傍聴についてはこちらから、インターネット中継はこちらからご覧ください。
 

維新 わだ けんじ (大阪市天王寺区及び浪速区) Q LRT ※1 でなんば・天王寺・あべのを結びエリア全体の一体的な活性化を進めるべき A エリアが一体となった都市空間が実現するよう、地元の熱意ある取組みを支援する。 公明 おおはし あきお (枚方市) Q 大災害発生時は、災害拠点病院と他の医療機関との連携が重要。今後の取組みを問う A 今年度から全ての二次医療圏 ※2 で災害拠点病院を中心とする共同訓練や研修を進める。 維新 いけした たく (高槻市及び三島郡) Q 阪神高速の新料金案の上下限を首都高速と同等に抑え、利用者の理解を得るべき A 議会の意見を踏まえ、新たな料金体系における利用者の負担軽減策を国に提案する。10月5日(一般質問) 維新 やまのは はじめ (羽曳野市) Q 竹内(たけのうち)街道沿道のにぎわいを創出し、広域的なまちづくりにつなげるべき A 竹内(たけのうち)街道はじめ府域で街道を活かした広域連携型のまちづくりが進むよう支援する。 自民 たなか かずのり (大阪市阿倍野区) Q 大阪で最先端がん治療が受診可能となるが、検診受診率は最も低い。更なる啓発活動を A 統一感のある啓発活動について検討。まずは働く世代にがん検診受診を啓発する。

自民 とみやま かつなり (東大阪市) Q 避難行動につなげるため、急激な気象変化に対応する雨量情報の最新技術を活用すべき A 気象庁などと協議を始めており、具体的な手法について検討を進める。 維新 すぎえ ゆうすけ (吹田市) Q 上(かみ)の川周辺において、浸水対策をはじめ様々な地域課題に一体的に取り組むべき A 河川整備をはじめ、一体的な取組み内容を平成29年度末を目途に取りまとめていく。 公明 うつみ ひさこ (大東市及び四條畷市) Q 食品ロス削減に向け、国では関係省庁が連絡会議を設置。府でも全庁横断的な取組みを A 全庁横断的なワーキングチームを設置するなどし、食品ロス削減のための取組みを推進。10月6日(一般質問) 共産  いしかわ たえ (吹田市) Q 福祉医療費助成の府案は撤回し、負担額を据え置き、精神障がい者1、2級とも対象に A 厳しい財政状況の下、対象者を選択・集中し、適正な受益者負担をお願いしたい。 維新  なかがわ たかひろ (豊中市) Q 迷惑防止条例の規制範囲を、学校や学習塾、事務所など準公共空間へと広げるべき A 適用場所の拡大など条例の改正に向けて、来年2月の府議会上程をめざす。 

維新 みた かつひさ (大阪市港区) Q NPO等関係団体との協力・共働により、去勢・不妊手術による猫殺処分ゼロの実現を A 避妊去勢手術実施と関係機関等との連携を盛り込んだガイドラインを今年度中に改定。 公明 やえがし よしゆき (豊中市) Q 府立学校における計画的なトイレ改修、洋式化について早期に実施すべき A 来年の2月定例会でトイレ改修に係る短期の実施計画を示す。 自民 とくなが しんいち (大阪市東成区) Q 成人病センター跡地等のまちづくりは緑地を設ける等、近隣住民の声を聞いて進めるべき A これまでお聞きしたものも含め今後とも近隣住民の意見を聞きながら丁寧に進めていく。10月7日(一般質問) 維新 にしの しゅうへい (河内長野市) Q 高野山から、南河内そして新大阪・京都をつなぐ鉄道の相互乗り入れを進めよ A 沿線の自治体や鉄道事業者と協議の場を設け、前を向いた議論を積み重ねていく。 自民 おくだ えつお (泉大津市、高石市及び泉北郡) Q 子どもの6人に1人が貧困状態。「子ども食堂」のような取組みに財政的支援をすべき A 実態調査を踏まえ、必要に応じて新子育て支援交付金の活用などによる支援を検討。

※1 乗降しやすく、環境などに配慮した次世代の路面電車。 ※2 地域の実情に応じた医療を提供する体制を確保するために、都道府県が設定する地域単位のうち、主に病院等への入院に関する医療を提供するもの。


一般質問の議員インタビュー動画は
こちらからご覧ください。

このページの作成所属
議会事務局 総務課 議会改革・広報グループ

ここまで本文です。