大阪府議会だよりNo.179


ここから本文です。

更新日:平成28年11月1日

                                                                      印刷用PDFはこちら [PDFファイル/2.12MB]           
平成28年(2016年)11月1日 火曜日
No.179 大阪府議会だより 発行 大阪府議会事務局 〒540−8570 大阪市中央区大手前2丁目 9月定例会 平成28年9月27日から12月20日 

9月定例会がスタートしました 12月20日までの85日間 代表質問で議論始まる

9月定例会が9月27日に開会しました。会期は12月20日までの85日間です。 平成28年9月補正予算案(総額368億4,559万円)を含む議案56件及び報告25件について知事から提出があり、代表質問及び一般質問をはじめ、各常任委員会での質疑等を通じて審査を行いました。 代表質問では、9月に基本構想(素案)が示された2025年万博をはじめ防災や福祉、教育など、大阪の成長や府民の暮らしの安全・安心に向けた施策について、幅広い議論が展開されました。この模様はインターネット録画中継で視聴できます。 今後開催される本会議や委員会の模様は、傍聴・インターネット中継でご覧いただけます。詳しくは大阪府議会ホームページをご覧ください。 ホームページ 大阪府議会 検索 (一般質問・採決結果については次回12月号に掲載します。)


議案についてはこちらから、インターネット中継はこちらからご覧ください。
 

他の主な質問項目 大阪の医療戦略の現状と展望 国民健康保険の一元化 福祉医療費助成制度の再構築 要介護認定率への対応 児童虐待の根絶 待機児童の解消 感染症対策 地方議会議員の年金制度9月30日(代表質問) 大阪維新の会大阪府議会議員団 あおの よしあき (東大阪市) 万博を契機とした成長のシナリオをどう描くか Q 万博開催の意義は、「健康・長寿」という一つの方向性を示し、大阪が経済成長を遂げるための起爆剤・手段。開催により、企業の投資を呼び込み、それが各企業の競争力の強化と新たな雇用の創出につながり、経済成長に結びつくと考えている。そこで、万博開催を契機に、府が考える「健康・長寿」を軸とした成長のシナリオをどう描くのか。 A 「健康・長寿」は、先端医療だけでなく、ヘルスケア、スポーツからものづくりに至るまで、極めてすそ野の広い分野への展開が可能。また、大阪・関西は再生医療などライフサイエンス分野で世界のトップランナー。これらの研究成果や技術を世界に向けて発信し、健康・医療分野で人類・世界に貢献しながら、大阪の成長を実現していく。また、国会で首相から「観光客増大・地域経済活性化の起爆剤になる」との答弁もあり、開催実現に向け全力で取り組む。

他の主な質問項目 堺市中区への警察署新設 SACHICO(さちこ)への支援 スポーツ局の設置 違法民泊 当面の財政運営の取組み 私学助成制度の効果検証 庁舎問題への対応 2025大阪万博10月3日(代表質問) 自由民主党・無所属 大阪府議会議員団 みつぎ ひろあき (堺市南区) 大学統合は1法人2大学案も比較検討すべき Q 府立大学と市立大学の統合は、1法人1大学ありきで進んでいる。阪急百貨店と阪神百貨店が1法人2百貨店の形態で統合によるシナジー効果を発揮しているように、それぞれの強みを活かし、引き続き「大阪になくてはならない大学であり続けること」を目指すことができるよう、府民、市民、学生目線に立ち、1法人2大学案も比較検討すべき。 A 平成27年2月に両大学がとりまとめた『「新・公立大学」大阪モデル(基本構想)』には、両大学の統合によって有するリソースを最大限に活用する考え方が示されている。これを踏まえ、教育・研究面での質の向上等を図るには、経営の統合だけではなく、両大学の統合により、スケールメリットや相乗効果を発揮できる新大学の実現を目指す必要がある。まず法人統合し、新法人による運営体制を整え、その後大学統合することを軸に検討を進めていく。
他の主な質問項目 国際博覧会の誘致 子どもの貧困対策 女性活躍推進 総合的な結婚支援 がん患者のアピアランス支援 食品ロスの削減 水害を教訓とした治水対策 市町村間の広域連携促進10月4日(代表質問) 公明党大阪府議会議員団 ひご よういちろう (寝屋川市) 私立高校授業料無償化制度の継続を Q 私立高校授業料無償化制度は、中学校卒業時の進路選択の段階で、家庭の経済的理由にかかわらず、自らの希望や能力に応じて学校選択が可能となる非常に有意義な制度である。現行制度は、平成30年度の新入生が卒業するまで適用することとなっているが、子どもたちの未来を保障するため、平成31年度以降の入学生にも、継続してこの制度を適用していくべき。 A 本制度は、家庭の経済的状況にかかわらず、子どもたちが自由に学校を選択できる機会を保障するとともに、公立・私立高校間の切磋琢磨を促している。その結果、公私とも昼間の高校進学率が向上するとともに中退率が減少するなど大阪の教育力の向上に効果を上げている。高校へ進学を希望する生徒に大きな影響があることから、平成31年度以降の制度のあり方については、安心して進路選択できるよう、平成29年度に結論を出す。


代表質問の議員インタビュー動画はこちらからご覧ください。
 

決算特別委員会で審査を開始 決算特別委員会(定数20名)では、議会で議決した平成27年度の予算の執行実績を審査しています。その結果は予算編成や今後の府の施策づくりに反映されます。 審査の模様は、府議会ホームページでご覧いただけます(ライブ中継・録画配信)。 説明聴取(ちょうしゅ)…10月27日 木曜日  部局別審査…11月8日 火曜日、11月14日 月曜日、11月18日 金曜日、11月25日 金曜日、12月1日 木曜日 総括審査(知事質問)・採決…12月7日 水曜日
決算特別委員会の詳細はこちらからご覧ください。
 

枚方支援学校で府議会出前授業を開催 本番さながらの模擬投票も 9月16日、大阪府立枚方支援学校において、今年度2回目となる府議会出前授業を実施しました。 いまい議長、はなや副議長と大阪府議会議員4名が講師となり、高等部の3年生20名を対象に、○×プレートなどを活用して学校生活と政治の関わり等について説明しました。 議員への質問コーナーでは、「立候補者に質問する機会はあるのですか?」「議員さんたちは具体的にどのような仕事をしているのですか?」など生徒の皆さんから次々と質問があり、予定時間を超える活発な意見交換となりました。 また、実際の選挙で使用されている投票箱や投票用紙を用いた模擬投票も大好評でした。

大阪府議会出前講座の詳細はこちらからご覧ください。
 
 府議会ホームページでは、議会開会中の日程質問項目議案の議決状況会派及び議員の情報会議録政務活動費の収支報告書などを掲載しています。 

このページの作成所属
議会事務局 総務課 議会改革・広報グループ

ここまで本文です。