平成25年3月22日定例記者会見の概要(テキスト版)

更新日:平成25年3月27日

記者会見項目

  •  2月定例会を終えて

事務局

 本日、2月定例会の閉会日ということで、定例の記者会見を開催させていただきます。
 まず、議長の方からお話しさせていただいて、その後、みなさんから定例会に関する質疑をいただいて、お答えさせていただきます。
 短時間でございますけれどもよろしくお願いします。

議長

 みなさんお集まりいただき、ありがとうございます。
 実は、この後、議長として出席しなければならない行事がありますので、申し訳ありませんが、いつもより短時間にさせていただきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。

 今議会は、いろんなことがありまして、議会というものを初めて学習する方々にとっては、議会というのはこういう機能を果たすんやということをお示しすることができた珍しい議会だったのかなと思っております。
 ご承知のように、知事部局が提案してきた受動喫煙防止条例につきましては、向こうの準備不足ということで取り下げということになりましたし、それに伴って予算が変更になる、あるいは、私学の耐震化に関してましては、予算措置が十分でないと、経常費助成の中でそういうものを入れ込むということに対して、議会とのやり取りの中で、別途予算(追加議案)が出てくるというようなこともありました。
 それから、実現には至りませんでしたけれども、自治法が変わって、委員会だけでなしに本会議で参考人を招致することができるので、本会議に参考人を招致したいとご提案いただいた会派もありました。議会も昔と比べると変わったなと。私どもが考えている議会の活性化と申しますか、実際、議会って何をしてるんやというところに対して、こういうことをやってますと、実績がこういうところにありますというところを語れるようになってきたなと。後で出てきた議員定数条例ですね、それもあわせて、そういう感想を持っております。
 それから、2点目はですね、法定協議会。2月議会がこれで終わって、これから法定協議会の中身の議論に入っていくわけですけれど、できるだけ協定書の原案というか、たたき台の早期制定に向けて、取り組んでいきたいと考えております。
 また、ちょうどこの4月で、私たちの任期の折り返し点ということもあります。議会の改革を始めてまだ半ば、議員報酬を下げていてそれをどうするのかとかですね、定数に関して区割り、選挙区をどうしていくのかとかですね、これから議会の改革に向けて、残りの2年間でどれだけのことができるのかと思いますけれど、改革という一点を見据えて、一歩一歩進めていきたいと考えております。
 今議会を終えて私どもからお話しできる感想は、今申し上げたようなところだと思います。
 副議長、補足があったらお願いします。 

副議長

 議長が言われたとおり、最後までどういう結末になるか分からなかった議会で、そういう意味では記者さんの方はもちろん、私たちの方もどうなるのか分からなかった。最終は、今日落ち着きましたけど、それぐらい波乱万丈でした。
 昔みたいに日がかわるような状況じゃなくて、政策の中身で、いろんな各会派とのやり取りがあって、かなり変わってきたかなという思いはあります。
 後は、議長からお話しがあったとおりです。みなさんお集まりいただき、ありがとうございます。

質疑応答

事務局

 それでは、ご質問をお受けいたします。

記者

 議長からお話しがあった法定協なんですけれど、4月はもう開催日が決まってるんでしょうか?

議長 

 いや、まだ決まってないです。
 前回、代表者会議のようなところで具体的なスケジュールを打ち合わせするということになっておりまして、それをとりあえず開いてからという風に考えてます。

記者

 代表者会議は月内ですか?また月を越してやるんですか?

議長

 可及的速やかにです。

記者

 終わったばっかりで申し訳ないんですけど、任期の折り返し点ということで、議会改革などで、議長のお話だと、まだ残されたことがまだ多いと思うんですけれども、議長、副議長はこの後どうされる予定なんでしょうか?

議長

 未定です。

副議長

 未定です。

記者

 今、特に議長なんですけれども、今未定とおっしゃいましたけれども、条例の推進協議会も会長として推進してきたと思いますし、法定協もいま会長につかれていると思います。そういうことも含めて、今後の意気込みというか、意欲というものはやっぱりあるんでしょうか?

議長

 意気込みはありますよ。

記者

 会長としてやはり続けていきたいという気持ちはありますか?

議長

 議長だから会長という訳ではありませんから。

事務局

 無ければこれで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

このページの作成所属
議会事務局 総務課 秘書グループ

ここまで本文です。