大阪府議会基本条例


ここから本文です。

更新日:平成25年8月29日

大阪府議会基本条例制定の趣旨について


 
 地方公共団体の自己決定権と責任の範囲の拡大に伴い、住民代表機関としての議会は、その役割を再確認し、その機能をさらに充実強化することが求められています。
 議会は地方公共団体の意思決定を行う議決機関としての役割と、知事の執行監視を行う監視機関としての役割を担っていますが、地域における民主主義の発展と住民福祉の向上は、知事と議会がそれぞれの特性を生かし、住民意思を行政に的確に反映させる仕組みを構築せずして実現され得ないということは言うまでもありません。
 こうした中で、大阪府議会及び大阪府議会議員の責務及び活動原則を明らかにするとともに、府民と議会との関係、知事その他の執行機関と議会との関係その他の議会に関する基本的事項を定めることにより、議会がその機能を高め、もって府民福祉の向上及び府政の発展に寄与することを目的として、議会基本条例を制定しました。
(平成21年3月24日、全会一致にて可決)

条例本文はこちら

 大阪府議会基本条例 [PDFファイル/98KB] [HTMLページでみる]


ゲット アドビ リーダーPDF文書をご覧になるにはAdobe Reader(外部サイト)が必要です。

お問い合わせ先
 議会事務局調査課 法務・企画グループ
 Tel 06-6944-6880
 Fax 06-6944-6878

このページの作成所属
議会事務局 総務課 議会改革・広報グループ

ここまで本文です。