全国都道府県議会議長会定例総会(10/26)で「2025日本万国博覧会」の大阪・関西誘致実現への協力を呼びかけ

更新日:平成29年11月7日

全国都道府県議会議長会定例総会(10/26)で「2025日本万国博覧会」の大阪・関西誘致実現への協力を呼びかけ

10月26日(木曜日)

 大橋議長は、平成29年10月26日木曜日に熊本県で開催された第158回全国都道府県議会議長会定例総会に出席しました。
 総会では、「地方税財源の充実確保に関する決議」他3件の決議案が採択されました。また、「地方創生、地方分権改革の推進について」他32件の国への提言案が審議され、採択されました。
 また、次回の開催地が大阪府に決定し、大橋議長より次回開催地に向けての挨拶とともに「2025年国際博覧会」の大阪・関西への誘致実現の協力依頼を行いました。

定例総会の全体風景

会議の全体風景

発言する大橋議長

 発言する大橋議長

  主な発言内容は以下のとおりです。
 【大橋議長 発言要旨】
 ○ 次回開催地決定への挨拶及び2025年国際博覧会の大阪・関西への誘致実現の協力依頼について
 本定例総会の開催に当たっては、熊本県議会の岩下議長はじめ、近隣の各議長のみなさんに対し、厚く御礼申し上げるとともに御当地の1日も早い復興をお祈りする。
 次回は私ども大阪府で開催させていただく。精一杯努めるので、皆様のお越しをお待ち申し上げる。
 なお、この場をお借りして2025年国際博覧会大阪誘致の件について、発言をお許しいただきたい。2020年東京オリンピック、パラリンピック後の2025年の国際博覧会を大阪で是非開催させていただきたいということで、去る5月に閣議決定をいただき、7月にはBIEパリの事務局においてプレゼンテーションが実施された。11月には2回目のプレゼンテーションが実施されるという時期にきている。皆様方のお手元にお配りした経済産業省のビッド・ドシエ、これも9月に日本国から正式に提示され、いよいよ、フランス・パリ、アゼルバイジャン、ロシアとの国際競争に入ったところ。この競争に是非勝ち抜きたいと思うので、皆様方の絶大なる支援をお願いしたい。
 来年1月にはBIE事務局から東京並びに大阪に現地調査があると聞いている。これまで都道府県議会議長会、関西広域連合議会において応援決議の採択をいただいた。また、近隣の府県議会においても順次、決議をいただいているが、さらにこれを日本全国に広まっていただければと思っており、本日お越しの正副議長様方におかれても各都道府県での決議をいただければ有り難いので、よろしくお願いしたい。
 現在、国会議員の万博議連が設けられ、大阪府議会においても誘致議連を設立しようという動きとなっている。また、特別委員会も設置した。今御説明させていただいたことを各都道府県議会の皆様方にお伝えいただき、御配慮の程をよろしくお願い申し上げ、挨拶とお願いとさせていただく。

 

お問い合わせ先
  議会事務局調査課 法務・企画グループ
 Tel  06-6944-6880(内線3364)
 FAX 06-6944-6878





このページの作成所属
議会事務局 調査課 法務・企画グループ

ここまで本文です。