猪名川流域下水道

更新日:平成28年3月15日

猪名川流域下水道

1. 事業の概要
 猪名川流域下水道は、淀川水系猪名川の流域を処理区とした流域下水道(分流式、一部合流式)で、関係都市は、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、兵庫県伊丹市、川西市、宝塚市、猪名川町です。昭和40年に豊中市他4市により広域下水道として誕生し、昭和41年11月に都市計画決定され、同年より事業着手しています。その後、昭和43年に事業主体が大阪府・兵庫県となり、昭和46年には宝塚市他2町が含められました。

2.全体計画概要

全体計画概要(表)
項目
全体計画
全体
大阪府分
処理区域面積(ha)
11,981
5,518
処理区域人口(人)
735,420
371,020
幹線管渠延長(Km)
-
41.7
下水排除方式
分流式
(一部合流式)
分流式
(一部合流式)
処理能力(m3/日)
389,000
184,310
関係都市大阪府:豊中市、池田市、箕面市、豊能町
兵庫県:伊丹市、尼崎市、川西市、宝塚市、猪名川町
豊中市、池田市、箕面市、豊能町

3.水みらいセンター概要

水みらいセンター概要(表)
項目
現況(平成26年度末)
処理区
全 体
大阪府分
名称
猪名川流域下水道
原田水みらいセンター
処理能力(m3/日)
390,500
203,610
下水処理方式
標準活性汚泥法
嫌気無酸素好気法+急速ろ過
凝集剤併用型ステップ流入式多段硝化脱窒法+急速ろ過
全景

原田水みらいセンター

4.事業計画図

事業計画図(猪名川流域)

このページの作成所属
都市整備部 下水道室事業課 計画グループ

ここまで本文です。