大阪府の下水道のストック効果

更新日:平成28年12月7日

下水道のストック効果とは

 これまでの整備により蓄積された下水道施設のことを「ストック」、整備してきた下水道施設が機能して、効率性や生産性などが向上していく効果を下水道の「ストック効果」と呼んでいます。
 下水道の整備は、公衆衛生の向上、浸水被害の解消、公共用水域の水質保全や、近年では循環型社会への貢献など、みなさまの暮らしに長期にわたって効果をもたらします。このように様々な形でみなさまの暮らしを支えている大阪府の流域下水道、流域関連および単独公共下水道のストック効果に関する事例を具体的にご紹介します。

大阪府の下水道のストック効果

流域下水道

猪名川流域下水道 [PDFファイル/910KB]

安威川流域下水道 [PDFファイル/1.35MB]

淀川右岸流域下水道 [PDFファイル/1.1MB]

淀川左岸流域下水道 [PDFファイル/477KB]

寝屋川流域下水道(1/2) [PDFファイル/741KB]

寝屋川流域下水道(2/2) [PDFファイル/1.01MB]

大和川下流流域下水道 [PDFファイル/1.87MB]

南大阪湾岸流域下水道 [PDFファイル/772KB]

流域関連および単独公共下水道

流域関連および単独公共下水道一覧(各市町村のウェブページにリンクしています)
豊中市(外部サイト)池田市(外部サイト)箕面市(外部サイト)豊能町(外部サイト)能勢町(外部サイト)
吹田市(外部サイト)高槻市(外部サイト)茨木市(外部サイト)摂津市(外部サイト)島本町(外部サイト)
守口市(外部サイト)枚方市(外部サイト)寝屋川市(外部サイト)大東市(外部サイト)門真市(外部サイト)
四條畷市(外部サイト)交野市(外部サイト)八尾市(外部サイト)柏原市(外部サイト)東大阪市(外部サイト)
富田林市(外部サイト)河内長野市(外部サイト)松原市(外部サイト)羽曳野市(外部サイト)藤井寺市(外部サイト)
大阪狭山市(外部サイト)太子町(外部サイト)河南町(外部サイト)千早赤阪村(外部サイト)泉大津市(外部サイト)
和泉市(外部サイト)高石市(外部サイト)忠岡町(外部サイト)岸和田市(外部サイト)貝塚市(外部サイト)
泉佐野市(外部サイト)泉南市(外部サイト)阪南市(外部サイト)熊取町(外部サイト)田尻町(外部サイト)
岬町(外部サイト)                         

 

このページの作成所属
都市整備部 下水道室事業課 計画グループ

ここまで本文です。