21世紀の大阪府下水道整備基本計画(Rose Plan)

更新日:平成21年8月5日

大阪府では、平成4年度に「21世紀を目指す大阪府下水道整備基本計画(21COSMOS計画)を策定し、府内市町村と連携を図りながら下水道整備を進めてきました。その結果、府内の下水道普及率は、目標である概ね90%に対し、平成13年度末で約86%にまで達しました。
 一方、21世紀を迎えた今、社会経済の発展や変化に伴い、下水道に対する新たな役割が求められています。

 そこで現在の計画である「21COSMOS計画」に続く、21世紀前半を見据えた新たな大阪府の下水道整備基本計画の策定作業を進め、平成13年12月14日に素案を作成・公表し、府民の皆様のご意見、ご提言を募集しました。
 お寄せいただいたご意見、ご提言を考慮して、「21世紀の大阪府下水道整備基本計画(ROSE PLAN)」を策定しましたので、お知らせします。

21世紀の大阪府下水道整備基本計画 [PDFファイル/3.52MB] [HTMLページでみる]

このページの作成所属
都市整備部 下水道室事業課 計画グループ

ここまで本文です。