流域下水道の管渠調査について

更新日:令和2年9月2日
大阪府流域下水道の管渠調査について
 大阪府内の流域下水道管渠は約565kmが整備済みで、そのうち建設後30年以上経過している管渠は約277km、40年以上経過している管渠は約114km、50年以上経過している管渠は約38kmあります。
 管渠が老朽化により破損すると下水を流すことができなくなり、時にはトイレが使用できなくなったり、道路が陥没し人身事故や道路交通障害などを引き起こすなど社会的に重大な影響を与える恐れがあります。
 大阪府ではこれらの事故を未然に防ぐ為、定期的に巡視・点検を実施するとともに、平成14年度より計画的に管渠調査(管渠内での目視点検やテレビカメラによる点検)を行っており、対策が必要と判断された場合は、速やかに対応策を検討し実施しています。
>>管渠調査結果へ
 

a

b
管渠調査結果
 令和元年度管渠調査の結果を流域下水道ごとにまとめています。
猪名川流域下水道 (調査結果  ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
安威川流域下水道 (調査結果  ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
淀川右岸流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
淀川左岸流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
寝屋川北部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
寝屋川南部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
大和川下流西部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
大和川下流東部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
大和川下流南部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
南大阪湾岸北部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
南大阪湾岸中部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)
南大阪湾岸南部流域下水道 (調査結果 ・ 調査結果図事業の紹介はこちら(別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
都市整備部 下水道室事業課 維持管理グループ

ここまで本文です。