大阪府流域下水処理場における放射能等測定結果について

更新日:令和2年3月31日

 大阪府が所管する流域下水処理場(14箇所)における空間放射線量及び下水汚泥焼却灰等の放射性物質濃度について測定しましたので、お知らせします。

 

◇測定項目及び測定結果

 (1)空間放射線量(単位:マイクロシーベルト/時)

   (敷地境界付近、下水汚泥焼却灰等貯留場所及び下水汚泥焼却灰等表面)

 測定結果(【別添資料13】:表1)は、大阪府立公衆衛生研究所における空間線量率の過去の平常値(【別添資料13】:表2)と変わりなく、流域下水処理場周辺において、福島県における原子力発電所事故による危険性はありません。

 (2)下水汚泥焼却灰等の放射性物質濃度(単位:ベクレル/kg)

 測定結果(別添資料)は、原子力関係の工場等において発生したコンクリート破片やガラスくずに対して適用される放射性廃棄物として取扱う必要のない放射能レベル(放射性セシウムの合計濃度が100ベクレル/kgを超えないこと)であり、問題ありません。

 

◇測定データ

 (1)空間放射線量 測定日・測定データ 

1) 平成23年 6月14日(火曜日)から6月17日(金曜日)まで【別添資料1】 [Wordファイル/50KB]
2) 平成23年 6月21日(火曜日)【別添資料2】 [Wordファイル/34KB]           
3) 平成23年 7月 8日(金曜日)から7月13日(水曜日)まで【別添資料3】 [Wordファイル/54KB]
4) 平成23年10月 5日(水曜日)から10月14日(金曜日)まで【別添資料4】 [Wordファイル/49KB]
5) 平成24年 3月 1日(木曜日)から 3月15日(木曜日)まで【別添資料5】 [Wordファイル/51KB]
6) 平成24年 9月11日(火曜日)から 9月28日(金曜日)まで【別添資料6】 [Wordファイル/55KB]
7) 平成25年 3月 1日(金曜日)から 3月15日(金曜日)まで【別添資料7】 [Wordファイル/55KB]

8) 平成25年 9月 4日(水曜日)から 9月25日(水曜日)まで

別添資料8】 [Wordファイル/50KB]

9) 平成26年 3月 3日(月曜日)から 3月25日(火曜日)まで

【別添資料9】 [Wordファイル/50KB]

10) 平成26年 9月 1日(月曜日)から 9月24日(水曜日)まで

【別添資料10】  [Wordファイル/51KB]

11) 平成27年 9月 1日(火曜日)から 9月25日(金曜日)まで

【別添資料11】 [Wordファイル/54KB]
12) 平成28年 9月 6日(火曜日)から 9月28日(水曜日)まで

【別添資料12】 [Wordファイル/51KB]

13) 平成29年 9月 5日(火曜日)から 9月27日(水曜日)まで【別添資料13】 [Wordファイル/53KB]
14) 平成30年 9月 3日(月曜日)から 9月21日(金曜日)まで【別添資料14】 [Wordファイル/52KB]
15) 令和元年 9月 4日(水曜日)から 9月20日(金曜日)まで【別添資料15】 [Wordファイル/52KB]

  (2) 下水汚泥焼却灰等の放射性物質濃度 測定試料採取日・測定データ

1) 平成23年5月頃から7月14日(木曜日)まで

【別添資料】 [Wordファイル/33KB]

 

◇測定方法等

 (1)空間放射線量

 放射線が人体に与える影響を示す量(マイクロシーベルト/時)を把握するため、下記のとおり測定しました。

  【計測器】シンチレーションサーベイメーター

  【測定箇所】流域下水処理場

   ・敷地境界付近(4から8箇所/処理場)⇒地上1mにて測定

   ・灰等(下水汚泥焼却灰及びスラグ等)貯留場所

   ・灰等表面⇒サンプルを袋に採り、センサーを押し当てて測定

 (2)下水汚泥焼却灰等の放射性物質濃度

 測定は、外部の専門分析機関に委託しております。

このページの作成所属
都市整備部 下水道室事業課 維持管理グループ

ここまで本文です。