最近1週間の府民の声:2018年1月27日(土曜日)から2018年2月2日(金曜日)まで

更新日:平成30年2月5日

最近1週間に府民の皆さまから寄せられた声

【速報 1月27日(土曜日)から2月2日(金曜日)まで】   127件(前週比 17件減

27日(土曜日)12件、28日(日曜日)14件、29日(月曜日)23件、30日(火曜日)17件、31日(水曜日)25件、1日(木曜日)25件、2日(金曜日)11件 17時現在
   

主なご意見

万国博覧会に関するもの            7件

○ 何のために、誰のために万博誘致をするのか、ハッキリと国民や大阪府民に見えるようにしなければ、大阪府民も関心を持たないのではないか。

府市統合・再編に関するもの          5件

○ 二重行政を解消すると言っていたが、大阪都構想にこだわらなくても、今すぐ対応できる方法でやればいいのではないか。

 「府民お問合せセンター」に寄せられたお問合せの概要

【速報  1月29日から2月2日まで】      469件(前週比 138件増) 
                                                                          ※イベント受付件数等含む 

【トピックス】

この1週間で、お問合せの多かったもの
1.私立高校生等への就学支援について            110件(前週  94件)
2.大阪府内公立学校の講師希望者登録について      30件(前週  19件)
3.教育職員免許状について                      24件(前週  13件)
4.第一種・第二種電気工事士免状について            7件(前週   8件)
5.栄養士免許について                           5件(前週   3件)
5.府営住宅について                             5件(前週   1件)
7.運転免許証について                         4件(前週   1件)
7.ふぐ取扱登録者証について                      4件(前週   6件)
9.大阪府国公立高等学校等奨学のための給付金について  3件(前週   0件)
10.個人住民税について                         2件(前週   1件)


■私立高校生等への就学支援についてのお問合せが引き続き多く寄せられています。
Q 大阪府の授業料支援補助金の支給対象となるための資格要件を教えてほしい。
A 私立高等学校等授業料支援補助金は、国の就学支援金に府の補助金を上乗せする形で、生徒・保護者が負担すべき授業料を実質無償又は少額負担となるようにしています。
補助の要件は、1.国の就学支援金を受給していること、2.生徒及び保護者(親権者全員)が大阪府内に在住していること、3.保護者の所得(親権者合算)が一定の基準額未満であること、4.10月1日時点で大阪府内にある私立高等学校等で教育長が指定する就学支援推進校に在籍していること、の全てを満たしていることとしています。

■大阪府内公立学校の講師希望者登録についてのお問合せが引き続き寄せられています。
Q 平成30年度講師希望者登録を考えているが、免許取得見込みでも登録は可能か。
A 平成30年4月1日までに免許状を取得見込みの方も登録できます。ただし、取得見込みの方の登録受付は、平成30年3月31日までです。それ以降は、免許状取得後に登録してください。また、任用の開始日は平成30年4月1日以降となります。

■教育職員免許状についてのお問合せが引き続き寄せられています。
Q 大阪府発行の教育職員免許状を取得後、氏名が変わったが、書換えの手続きは必要か。
A 氏名または本籍地都道府県名に変更があった場合に、書換をしなければならないものではなく、書換をしないままでも免許状の効力に変わりはありません。
ただし採用先などへの提示の際には戸籍等をあわせて提出することが求められる場合もあります。

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。