特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)について

更新日:令和3年1月1日

 大阪府と大阪市では、大都市地域における特別区の設置に関する法律に基づき、特別区の設置に関する協定書の作成その他特別区の設置に関する協議を行うための大都市制度(特別区設置)協議会を設置し、令和2年7月31日には、特別区設置協定書が作成されました。
 その後、大阪府・大阪市の両議会で特別区設置協定書が承認され、令和2年11月1日に大阪市民(有権者)を対象に住民投票が実施されましたが、反対多数となったため、特別区は設置されず、大阪市は存続することになりました。

 なお、大都市制度(特別区設置)協議会は、大阪府・市の両議会で「大都市制度(特別区設置)協議会規約」を廃止する規約が議決されたため、令和2年12月21日付で廃止となりました。

 

もくじ (トップメニュー)

                     

 

なぜ特別区制度が必要なのか 
  
なぜ特別区制度が
必要なのか
 


特別区制度の検討状況

特別区制度の
検討状況

 

特別区とは何か
なぜ必要なのかについては
こちら

大都市制度(特別区設置)協議会に
おける協議経過や検討状況、意見募集は
こちら

   

大阪における特別区制度(案) 

大阪における
特別区の制度設計

疑問・質問 Q&A 

疑問・質問
Q&A


広報 (広報紙・SNSなど)
  
これまでの広報内容
(広報紙・広報動画・
SNS)

 

 

 

 

 

 

 

特別区設置協定書など
特別区の具体的な制度
設計の内容はこちら

寄せられた質問と回答は
こちら

これまでの広報紙等の内容は
こちら

 

このページの作成所属
副首都推進局 副首都推進局 (代表)

ここまで本文です。